2002年産 引退馬1頭 (1頭出資)
ゴットザビート
 Got the Beat
 (23戦4勝) 1600万 引退
牝(2002/3/07生) 社台サラブレッドクラブ 美浦:栗田博憲厩舎
父:フレンチデピュティ 母:サーティーエイトゴーゴー 募集価格:1800万円(1口45万)
近況:3/1の引退レースでは見事な差し切りで1着。繁殖牝馬として寿引退となった
記念すべき初出資馬。出資しようと思い立ったのが2003年10月と遅かったので、ほとんど選択の余地はなかったが、サクラバクシンオー産駒のジャズファンクと散々迷った末、パワー負けしなそうでダート短距離戦で堅実に稼いでくれ、2つは勝てるだろうとゴットザビートにした。

牧場で育成されている時は非常に順調でトラブルらしいトラブルもなかったが、レースを使い込めずに苦労していた。いつも肩がコズんでいて、前肢の出がスムーズでないのが特徴。中山ダート1200mに実績があるが芝が苦手で、スタート地点からダートのコースを得意にしていた。6歳の3月の引退レースで劇的な勝利を挙げ、無事に繁殖入りとなった。


 2003年産 引退馬1頭 (1頭出資)
パタゴニアウインド
 Patagoinia Wind
 (3戦0勝) 未勝利 引退
牝(2002/4/01生) 社台サラブレッドクラブ 美浦:伊藤圭三厩舎
父:サクラバクシンオー 母:ディフェレンテ 募集価格:2400万円(1口60万)
近況:右前脚の蟻洞により2006/7/5に登録抹消、繁殖入り
サクラバクシンオー産駒なら、芝・ダート問わず早いうちから短距離線で走ってくれるだろうとの判断と、募集時のVTRで大きなストライドで歩いていて馬体の前後のバランスが良く、重賞に出走できる器と見て選んだ。

凄く気性の穏やかな馬で優しい顔をしているが、どうも育成時からちょっとドジなところがあり、馬房で目を打ったり脚をぶつけたりと、つまらない怪我が多かった。強い調教をするとスクむような体質の弱さもあり、何とかデビューにこぎ着けたものの、前の馬が蹴り上げる砂を被ると嫌気を差したりと、3戦して3戦とも大敗と全く良いところがなく、右前脚の蹄に空洞ができる病気にかかり、引退・繁殖入りすることになった。


 2004年産 引退馬13頭 (13頭出資)
キングスデライト
 King's Delight
 (32戦3勝) 1000万 引退
牡(2004/2/12生) 社台サラブレッドクラブ 栗東:河内洋厩舎
父:アグネスタキオン 母:マンデーデライト 募集価格:2800万円(1口70万)
近況:放牧先で帰厩に向けて乗り込まれている際、重度の鼻出血を発症してしまい引退することに
1次募集の第3希望で申し込み。前2年とも牝馬だったので、この年は牡馬にこだわった。骨太でいかにも頑丈そうで、2歳の夏にデビューできて距離も融通が利き、G1に出走できる器だろうと期待して選んだ。1歳の秋に牧場で首を上手に使った力強い歩き方をしているのを見て、少なくとも未勝利で終わる馬ではないと確信。

大型馬の割には仕上がりが早く、2歳の夏に2戦目で勝ち上がると、その後はコンスタントに出走して3歳4月に2勝目を挙げ、NHKマイルCとジャパンダートダービーにも駒を進めた。その後、2度の蟻洞による長い休養期間を経て、6歳の夏に3年4ヶ月ぶりの3勝目を挙げ、1000万を3戦したところで、鼻出血を発症し引退となった。
プラテアード
 Plateado
 (28戦5勝) 1600万 引退
せん(2004/4/27生) キャロットクラブ 美浦:藤澤和雄厩舎
父:Silver Deputy 母:ササファイヤー 募集価格:4000万円(1口10万)
近況:トレセンで調教中に左前を骨折。高齢ということもあり引退することに。中京競馬場の誘導馬となる
大型の割には重苦しさを感じさせない馬体をしている。血統的にダートのマイル戦あたりが得意そうで、厩舎の先輩であるスパイキュールみたいな活躍をしてくれないかと期待して出資した。厩舎が厩舎だけに、なかなか入厩できないだろうと思っていたが、2歳の10月にはデビューを迎えられるという嬉しい誤算。

ダートではなく芝で使われ、デビュー戦は馬群に突っ込んで躊躇しての3着、2戦目は持ったまんまの大楽勝、連闘で臨んだ3走目のオープン特別は狭いところに入れて大敗した。マイル程度の距離で馬群に突っ込まなければ強さを発揮するはずで、モロさも同居しているがハマれば強い勝ち方をするタイプ。気性自体はかなり穏やか。
ファストドロウ
 Fast Draw
 (2戦0勝) 未勝利 引退
牡(2004/3/30生) キャロットクラブ 美浦:上原博之厩舎
父:スペシャルウイーク 母:ウエスタンワールド 募集価格:2600万円(1口6.5万)
近況:9/23に逃げて4着入線したが、その後脚元に炎症を起こしてそのまま9/27に引退決定
スペシャルウイークの牡馬に出資したかったので選んだ。今年(2006年)の2歳戦でスペシャルウイーク産駒が大活躍しているので、狙い自体は当たっていたのだが、両前脚に骨瘤が出てしまい、速い追い切りが全くできなくて馬体が絞れず、更に骨折より始末が悪い裂蹄になった。その後も鞍傷になるなど、順調であったためしがないほど。

それでも6月に入厩するして何とかデビューに漕ぎ着け、馬体が太くて気性も幼いまま初戦は10着、2戦目は4着と、このままレースを重ねれば何とか勝ち上がりくらいは見込めたが、脚元の不安が再発し、未勝利戦もなくなる時期ということもあって引退となった。
ニードルポイント
 Needle Point
 (17戦4勝) 1600万 引退
牡(2004/4/08生) キャロットクラブ 美浦:奥平雅士厩舎
父:フジキセキ 母:ヒシシルバーメイド 募集価格:1600万円(1口4万)
近況:調教中に靱帯をひどく傷めてしまい引退することに。千葉のオリンピッククラブで乗馬として再出発
ヒシアマゾンの孫で、幼いながらもキラリと光る好馬体に惹かれて出資した。血統的にはどちらかと言えばダート向きだが、父がオールマイティなフジキセキということで、芝でも堅実に走ってくれそうなイメージ。でも距離はせいぜい2000mくらいまででしょう。

コンスタントにレースを使える方ではなく、しかも好走と凡走がハッキリしてアテにしづらいタイプだったけど、かなり強い相手と戦って好走してきただけに引退は残念。一度は予後不良の診断が下されたが、ギリギリのところで傷めた脚が快方に向かい、千葉県のオリンピッククラブで脚の治療をしながら乗馬として再出発することになった。
センティード
 Sentido
 (4戦0勝) 未勝利 引退
牡(2004/5/09生) キャロットクラブ 美浦:田中清隆厩舎
父:デザートキング 母:タイキパンドラ 募集価格:2200万円(1口5.5万)
近況:デビュー戦はオドロキの3位入線だったが、以降は全く良いところなく、体調を崩して引退決定
ずっと売れ残っていたので出資。後肢を腫らしたり、前脚を剥離骨折したり、膝を傷めたり、右後肢が裂蹄になったりとトラブルが尽きなかったが、意外と裂蹄が早く癒え、トントン拍子に調教が進み、何とかデビューには漕ぎ着けられた。元々馬体は見栄えがしているし、血統的にレース条件を問わなそうなので、それなりに期待は寄せられる。

展開と時計に恵まれてデビュー戦こそ3着に入線したが、その後は見せ場すら作れないレースが続き、未勝利戦が終わる時期に馬インフルエンザを発症してレースに出られなくなり、そのまま引退が決定した。
オリジナルカラー
 Original Colour
 (8戦1勝) 500万 引退
牡(2004/3/25生) キャロットクラブ 美浦:大江原哲厩舎
父:アドマイヤベガ 母:エイティカラー 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:10/28のレース後、全治1年以上の左前繋靭帯炎が判明して引退
1.5次で申し込み。その後もかなり長い間売れ残っていたが、いかにもアドマイヤベガ産駒らしい、コンパクトにバランス良くまとまった馬体には好感が持てる。カリカリした気性で環境の変化に敏感なので、順調さを欠くことが多いが、逆にそういう気性だけに早い段階から走ってくれそうな気がする。

デビューから2戦は全く良いところがなかったが、新人宮崎騎手の手が合うのか、突如として3着に好走。その後、2着・1着と好走を続けて初勝利を挙げたものの、その後はクラスの壁に当たってしまい、繋靭帯炎を発症して引退が決定した。
ティグラート
 Tigrato
 (2戦0勝) 未勝利 引退
牝(2004/3/10生) キャロットクラブ 美浦:久保田貴士厩舎
父:Point Given 母:エーエスキャット 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:2007/6/17の函館戦を左前脚の跛行で取り消し、その後も乗り運動ができず引退決定
惚れ惚れするような好馬体に惹かれて出資。ただ、1歳時の丸っこい馬体からあまり変化がなく、成長度はやや見劣るのも事実。550キロ近い大きな馬なので脚元への負担が怖いが、当初から乗り味は褒められていたので、順調ならダート線で結構な活躍をしてくれるはず。かなり期待の高い一頭。

2月に2回使った後は背腰や脚元から疲労が抜けず、何とかレースに使えそうなところまで回復したが、レース前の追い切りで不安が生じて出走取り消し、その2週後に引退決定。その2戦とも見せ場が作れず、残念ながら体が大きすぎて競走馬には向かなかったのかも。
ティルフィング
 Tirfing
 (25戦2勝) 1000万 引退
牡(2004/1/24生) キャロットクラブ 栗東:大根田裕之厩舎
父:タニノギムレット 母:ハリウッドレビュー 募集価格:1600万円(1口4万)
近況:11/28の京都戦後、左前に繋靭帯炎を発症し、ダメージが大きく引退することになった
いかにも頑丈そうな馬体に惹かれて出資。ちょっとした怪我はあったが、見立て通りにガンガン調教を積まれ、いざデビューを迎えても使い減りしなそうなタイプ。入厩後に右目の反応が弱いことが判明したが、レースに行っても特に不都合はなさそう。大根田厩舎だけにどんどんレースに使ってもらいましょう。

切れる脚がないタイプで、上がりのかかる競馬になりうやすいローカルの芝長距離戦を得意条件としていた。前肢の球節に疲れが出やすく、しばしば数ヶ月ほどの休養が必要になっていたものの、適鞍に照準を合わせてじっくりと使われていれば、もう少しは良い成績を残せたはずなのでちょっと残念。
トロンフォルガー
 Thronfolger
 (0戦0勝) 未出走 引退
牡(2004/5/14生) キャロットクラブ 栗東:鮫島一歩厩舎
父:トウカイテイオー 母:ヤヨイビジン 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:調教がペースアップしてきたかと思いきや、右飛節を骨折して引退が決定した
故障が怖いが、もし順調だったら、キャロットの同期の中では一番活躍してくれるだろうと出資した。懸念していた通り、2歳の秋まで乗り運動すらできない状況だったが、ここに来てようやく乗り込みが進展しつつある。いかにもトウカイテイオー産駒らしい気品のある馬体をしているだけに、何とかデビューにこぎ着けて欲しい。

ハロン15秒のキャンターができるまでになり、デビューも見えてきた頃に右飛節の骨折が判明し、全治9ヶ月とのことで引退が決定した。脚元が弱いのは承知の上での出資だけに仕方なし。
デルフィーネ
 Delfine
 (7戦0勝) 未勝利 引退
牝(2004/2/20生) キャロットクラブ 栗東:石坂正厩舎
父:フォーティナイナー 母:スルーミーナウ 募集価格:1400万円(1口3.5万)
近況:先行力はあるが4コーナーでバテるレースの繰り返し。8/12も15着に終わり引退決定
当初はちょっと腰が甘そうに見えたが、牝馬とは思えないほど大きな馬体に成長し、ダートの短距離なら結構楽しめそう。夏になってから、強い調教をするとスクミが見られるようになり、順調さを欠くこともある。気性面に問題がなく、以前から乗り味は褒められていたので、何とか体質が強化されて欲しい。

大きな怪我こそなかったが、早めの調教やレースを使った後に反動が出やすいタイプで、数を使った割にはビシッと仕上がらず、いい先行力は持っていても直線でバテるレースを繰り返し、結局勝ち上がれなかったのは残念。
シルエラ
 Ciruela
 (0戦0勝) 未出走 死亡
牝(2004/5/30生) キャロットクラブ 栗東:作田誠二厩舎
父:ホワイトマズル 母:ハイセンスモモコ 募集価格:1000万円(1口2.5万)
近況:血中酵素の異常上昇で内蔵機能が低下してしまい、残念ながら2006/9/19に死亡
小柄な馬体と地味な血統が嫌われたのか、当初は全くと言っていいほど売れていなかったが、育成を重ねるにつれて牧場やクラブのコメントがグングン急上昇していき、総額1000万円(1口2.5万円)と安価なことから出資を決定。小柄な馬体でも抜群の動きを見せていたようで、かなり期待が高まっていたが、入厩準備のため山元トレセンに移動した直後、スクミのような症状が見られ、その後も悪化の一途を辿り、内蔵機能の低下で立ち上がることすらできなくなってしまったため、残念ながら手の施しようがなく安楽死となった。
外)フライデイフライト
 Friday Flight
 (16戦5勝) オープン 引退
牡(2004/9/27生) キャロットクラブ 栗東:安田隆行厩舎
父:Fusaichi Pegasus 母:Not on Friday 募集価格:3200万円(1口8万)
近況:調教中に左飛節の腱を断裂してしまい、競走能力喪失で引退することになった
2006年6月に特別募集された外国産馬。南半球生まれなので2歳といっても内国産に比べると半年のハンデがあるが、仕上がりは早そうで、ダートだけでなく芝の中距離戦でも走れそうな体型に惹かれて出資。輸入後、牧場でもベタ褒めのようで、「牧場で1、2を争う素質の持ち主」と評され、否が応でも期待が高まる。

520キロを越える雄大な馬体をしている割には気が小さい面があって、ダートで5勝を挙げてオープン入りしたものの、その後は成績が頭打ちになり、障害練習も取り入れつつ調教を進めていたところ、飛節の腱を断裂して引退することになった。期待が大きく、またすごく見栄えがして好きな馬だっただけに非常に残念。
外)クルックス
 Crux
 (6戦0勝) 未勝利 死亡
牝(2004/8/15生) キャロットクラブ 栗東:角居勝彦厩舎
父:Fusaichi Pegasus 母:Kirov Premiere 募集価格:3200万円(1口8万)
近況:9/30の釧路湿原特別のレース中に、前肢を骨折して転倒。残念ながら予後不良で安楽死となった
こちらも特別募集の外国産馬。あのシーザリオの妹ということで、フライデイフライトよりこちらの方が注目度が高かったが、脚元が頑丈そうには見えないので、1勝を挙げるまでは何とか無事にと祈るばかり。南半球産のハンデがあるため、さすがに桜花賞を期待するのは酷でしょう。どちらかと言うとダート向きの印象。

素人目にも分かるような好馬体で活躍が期待されたが、デビュー戦で勝ちパターンに持ち込んだところを内から馬体をぶつけられ、それが尾を引いたのか一歩足りないレースが続いた。慢性的なソエにも悩まされ、ダート戦でも勝ち上がれず、未勝利戦最後の週で未勝利を除外され、仕方なく格上挑戦した釧路湿原特別で骨折、予後不良となった。


 2005年産 引退馬20頭 (20頭出資)
リトルディッパー
 Little Dipper
 (17戦2勝)1000万 引退
牝(2005/3/08生) 社台サラブレッドクラブ 美浦:古賀慎明厩舎
父:アグネスワールド 母:マンデーデライト 募集価格:1200万円(1口30万)
近況:3/20の中京鈴鹿特別に出走し13着。馬に走る気がなく馬体の張りも失せ、繁殖入り
1次募集の第3希望で申し込み。スラッとした幼い体型だが、欠点が全く見当たらない馬体バランスの良さに惹かれた。その後、お兄さんのキングスデライトが早期デビューして2戦目に勝ち上がったので、当然この妹にも2歳の北海道戦で活躍してくれないかと期待がかかる。距離はギリギリ1600mくらい持つかも。おそらく芝ダート兼用。

デビュー戦は馬インフルエンザで順延、生涯最高のデキのレースで大出遅れして2着、確実に勝てるレースでフレグモーネのため出走取り消しなど、ここぞという時につまらないトラブルに見舞われてしまった。桜花賞3着馬のソーマジックと接戦した実力の持ち主で、スムーズだったらもっといい成績を残せたはずだけに残念。
ジャングルビジット
 Jungle Visit
 (0戦0勝)未出走 引退
牡(2005/4/23生) キャロットクラブ 美浦:藤澤和雄厩舎
父:ジャングルポケット 母:レディブロンド 募集価格:6000万円(1口15万)
近況:蹄の熱感が続き引退。3連勝後に蹄骨を骨折し、また蹄の熱感が再発して中央復帰を断念
あのレディブロンドの初仔。繋が立っていたりフラフラ歩いていたりと、やはり6000万と安いだけあるなといった印象。でも歩様はすごく柔らかく、しかもこの血統だけあって、夢を見ずにはいられない。故障がちなのは覚悟するとして、あとはどこまで騙し騙しレースを使えるかがカギ。

一瞬だけ入厩にこぎつけたものの、この一族のウイークポイントである蹄のトラブルにずっと悩まされ続け、結局デビューすることなく引退。素質はあるらしいのでまずは地方競馬で頑張って欲しい。
インディゴライト
 Indigolite
 (11戦0勝)500万下 引退
牝(2005/4/05生) キャロットクラブ 美浦:手塚貴久厩舎
父:ファルブラヴ 母:ブルーラスター 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:地方に転出し5戦1勝を挙げて中央に再入厩した。再ファンドには応じず
ファルブラヴ産駒にしては唯一といっていいほど馬体が柔らかそうだったので出資決定。モロにダート向きの血統で、しかも脚が短いタイプなので、ちょっとゴールドティアラに近いイメージ。成績面でも、少しでも近づいていって欲しいところ。兄姉が軒並み走っている点も心強い。

ダートでの2戦は全く見せ場もないまま大敗したが芝のレースでは僅差で、展開が向けば勝ち上がりもあり得そうな雰囲気だった。再ファンド前提で地方競馬に転出し、2勝もしくは5戦1勝できればJRAに再登録する見込み。
スウェプトアウェイ
 Swept Away
 (2戦0勝)未勝利 引退
牡(2005/3/30生) キャロットクラブ 美浦:勢司和浩厩舎
父:スウェプトオーヴァーボード 母:エラティス 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:10/4に2戦目を迎えて5着。レースぶりはだいぶ良化したがもう未勝利戦は終わってしまい…
いかにもスピードタイプの馬体で、前肢の捌きが柔らかいので芝の方が合っていそう。既に520キロを超え、その割に晩成型ということもあり、姉のメガクライトのように時間がかかる可能性大。ただ、大事に進められれば、しっかりと走ってくれそうな気がする。少なくとも未勝利で終わる器ではないはず。

550キロ近い大型馬ゆえに、膝とトモに疲れがたまりやすく、なかなか強い調教を詰めないまま3歳の夏を迎え、何とかデビューにはこぎ着けたものの、良いところを見せられないまま引退となった。馬体は良かっただけに残念。
ピーカブー
 Peekaboo
 (6戦0勝)未勝利 引退
牝(2005/4/05生) キャロットクラブ 美浦:大江原哲厩舎
父:サクラバクシンオー 母:マラブー 募集価格:1200万円(1口3万)
近況:9/27の札幌戦ではレースの流れに全く乗れず良いところなく6着に終わり引退決定
いかにもサクラバクシンオー産駒らしい馬体で、典型的スプリンターに見える。見た目以上に馬体が小さいが、バランスが良くて四肢もしっかりしているため、かなり早いうちからデビューできそう。逆に言えば、2歳のうちに稼がないと厳しい。普段はすごく大人しいが、人を乗せるとうるさいらしい。

デビュー戦は2着と好走したが時計的には超平凡で、以降は好走できないままに終わった。440キロある割には馬体が細くて非力なタイプだったので、芝のレースの方が向いていたかも。
キャトルマン
 Quatre Mains
 (24戦1勝)1000万 引退
牡(2005/3/08生) キャロットクラブ 美浦:斎藤誠厩舎
父:クロフネ 母:キョウエイフォルテ 募集価格:4000万円(1口10万)
近況:1/29の東京戦9着後、放牧先で裂蹄を発症してしばらく休養しそう。長引くようなら引退もあり得る
フレンチデピュティ産駒とは違い、クロフネ産駒は良い歩様をしている馬が多いような気がするが、その中でもこれは出色だった。芝・ダート兼用だろうが、既に500キロを超える馬体なので、順調さを欠くことの多いクロフネ産駒だけあってちょっと心配ではある。馬体の重厚感は特筆できる。

530キロ超の大型馬で、球節に不安をかかえて順調に調教を積めずデビューが遅くなり、器用さに欠けるタイプで未勝利戦は勝ち上がれなかったが、名古屋競馬に転厩して5戦2勝を挙げ中央へ再入厩した。
マリサット
 Marisat
 (0戦0勝)未出走 引退
牡(2005/5/07生) キャロットクラブ 栗東:松田博資厩舎
父:アドマイヤベガ 母:ドラゴンマリーン 募集価格:2800万円(1口7万)
近況:右前の蹄の熱感でデビューのメドが立たず引退決定。ホッカイドウ競馬に転出
アドマイヤベガ産駒だけあってコンパクトな馬体だが、大物感を漂わせていた。もう少し馬体に厚みが欲しいところだが、その他の部分は問題らしい問題がなく、歩様も力強くてデビューが楽しみな一頭。アドマイヤベガを管理していた松田博資厩舎に入厩するくらいだから悪くはないでしょう。

1歳の冬に球節を骨折し、ようやく乗り込みが開始された直後の2歳の夏には蹄を傷め、以来ずっと蹄の状態が悪く、満足に乗り込めないまま引退が決定した。
ハートアンサンブル
 Heart Ensemble
 (3戦0勝)未勝利 引退
牡(2005/2/06生) キャロットクラブ 栗東:友道康夫厩舎
父:ジャングルポケット 母ハートストリングス 募集価格:2000万円(1口5万)
近況:9/15のスーパー未勝利戦では、道中最後方から良いところなく回ってきただけの9着で引退確定
キビキビと歩いていて、とにかく脚下が頑丈そうなので出資した。当初、ちょっと後肢が真っ直ぐなのは気になったが、11月の時点ではかなりいい馬体に育ってきたので、これなら期待できそう。芝の中距離戦を堅実に走ってくれそうなタイプで、この値段ならお買い得感は高い。たぶん仕上がりも早め。

馬っぷりは悪くなかったが、レースに行ってどうにもやる気を見せず、パドックもボケっと歩いているしレースでも全く走る気がなく回ってくるだけの競馬を繰り返し、何ら見所がなく1円も賞金を稼げないまま引退となった。
ブラストオフ
 Blast Off
 (6戦1勝)500万 引退
牡(2005/3/03生) キャロットクラブ 栗東:中尾正厩舎
父:フジキセキ 母:ユウサンポリッシュ 募集価格:3200万円(1口8万)
近況:10/4の阪神戦を球節炎で出走取り消し、精密検査の結果、繋靱帯炎であることが判明し引退となった
キビキビとした歩様に惹かれて出資した。牧場見学した際も、シャキシャキ歩いて非常に好感が持てたが、気に入らないことがあると煩いようで、ちょっと気性面が心配といえば心配。お兄さんが活躍していることから、この馬にも期待が高まる。間違いなく芝向きで、早く仕上がりそう。

既走馬相手のデビュー戦を勝利で飾り、さすがスーパーホーネットの弟と期待が高まったものの、デビュー前からそうであったように順調さを欠くことが多くてなかなかレースに使えず、デビュー戦以降は最高でも6着と精彩を欠いたまま引退することになった。
スピリタス
Spirytus
(50戦5勝)オープン 引退
せん10歳(2005/4/11生) キャロットクラブ 栗東:岡田稲男厩舎
父:タニノギムレット 母:ピノシェット 募集価格:2000万円(1口5万)
近況:10歳になって左前の筋肉損傷と左膝の熱感で引退することになった。50戦もよく頑張ってくれた
馬体のバランスがすこぶる良いので出資確定。非常に高い期待を持って、牧場で実馬を見学したところ、これといってピンと来なかった。気性面もあまり落ち着いている方ではないようで、芝ダート問わず短距離戦に向いてそう。牡馬にしては小柄な馬体で、これからの成長が待たれる。
スマックガール
 Smack Girl
 (7戦0勝)未勝利 引退
牝(2005/4/26生) キャロットクラブ 栗東:松永昌博厩舎
父:エアエミネム 母:マニッシュガール 募集価格:800万円(1口2万)
近況:9/7の小倉戦ではスムーズな競馬ができたが距離が長くノドも鳴って11着。これで引退決定
2006年度の募集馬カタログを見て、一番良く見えたのがこの馬。母系の繁殖成績が全くの不振だし、血統面もモロに公営寄りで地味だから、不人気なのは仕方のないところだが、肢勢が良くていかにも故障しなそうだし、早期のデビューはほぼ間違いないかと。あとはどれだけ能力があるかがカギに。

ローカルの芝短距離戦で地味に賞金圏内の競馬を繰り返していたが、出遅れたり不利を受けたりで常にスムーズさを欠いたレースぶりで、残念ながら勝ち上がれず引退となった。
外)アースグラヴィティ
 Earth's Gravity
 (15戦0勝)500万 引退
牡(2005/9/25生) キャロットクラブ 美浦:松永康利厩舎
父:Galileo 母:A Star Affair 募集価格:3800万円(1口9.5万)
近況:1/26の川崎交流戦に出走し、全く良いところなく10着に敗れ、成績不振で引退することになった
2007年6月に特別募集された南半球産の外国馬。割とガッシリしたタイプの馬体だし、ヘイルトゥリーズンの入っていない関西入厩の牡馬ということでミーハー的に出資した。遅生まれのハンデがあるだけに、何とか早めに1勝を挙げて欲しい。

未勝利を勝ち上がれず地方競馬へ転出して5戦2勝で中央へ再登録され、復帰初戦で2着に入ったものの、その後は掲示板すら載れないレースを繰り返し、6歳になって出走できるレースが限られることから引退することになった。
外)ロックバルーン
 Rock Balloon
 (25戦5勝)障害OP 引退
牡(2005/3/09生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:藤澤和雄厩舎
父:ロックオブジブラルタル 母:アルサキヤ 募集価格:4800万円(1口12万)
近況:中山GJを目指していたところ、屈腱炎を再発してしまい引退することになった
高馬だけあって欠点の少ない良い馬体をしている。ちょっとノーザンダンサーのクロスが気になるものの、いいところまで活躍してくれそうな気がする。芝のマイル〜2000mあたりを主戦場としそうだが、ダートもこなせるはず。
外)アルスマグナ
 Ars Magna
 (4戦2勝)1000万 引退
牡(2005/3/02生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:藤澤和雄厩舎
父:ファスリエフ 母:アルページ 募集価格:4200万円(1口10.5万)
近況:9/29に札幌競馬場での調教中の事故により両前脚の浅屈腱を断裂し、競走能力を喪失
父が早熟のスプリンターだったため、本馬にも当然そういう期待がかかる。ただ、馬体を見ると距離が伸びて良さそうな印象も受け、母系の方が強く出ているのかも。血統的にはモロに芝向き。欧州血脈だから日本適性が心配といえば心配。

札幌競馬最終週での復帰を目指していた調教中、躓いたはずみで両前脚の屈腱を断裂してしまい、競走能力喪失の診断で引退となってしまった。短距離ならかなりの活躍が期待されただけに残念。
エールドクラージュ
 Aile de Courage
 (5戦1勝)500万 引退
牝(2005/5/06生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:藤澤和雄厩舎
父:シンボリクリスエス 母:ジョウノマチエール 募集価格:2200万円(1口5.5万)
近況:右前脚の屈腱炎で休養し、一旦乗り運動ができるまでに回復したが再発。引退決定
ウインラディウスの半妹。でもウインラディウスの後は繁殖成績が尻すぼみで、しかも比較的高齢での出産なのが多少不安。でも馬体は素晴らしく、クラシックディスタンスでの活躍を期待せざるを得ない。

2歳時から素質を高く評価され、事実ブラックエンブレムと接戦を演じていたほどだったが、未勝利を勝ち上がってからは気性面の問題でなかなかレースで結果を出せず、屈腱炎を発症して1年半の休養後、また再発してしまい引退することになった。
ソシアルグレイシー
 Social Graces
 (16戦1勝)500万 引退
牡(2005/4/03生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:国枝栄厩舎
父:アグネスワールド 母:フェイムドグレイス 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:11/22の福島戦で13着と大敗後、放牧先で障害練習中に屈腱炎を発症して引退することになった
今回の募集馬の中で断然良く見えた。父のアグネスワールドによく似た馬体だが、父よりは距離もこなせそうなイメージ。マンデーデライトの05ともども2歳の北海道戦から頑張ってもらいましょう。

デビュー戦はブービーに大敗して先が思いやられたが、ダートの短距離戦を得意にして1勝馬ながら2着4回で、コツコツと賞金を稼いでくれた。4歳の春以降は馬に走る気がなく、障害練習中に腱を傷めて引退が確定した。
ローンジャスティス
 Lone Justice
 (22戦3勝)1000万 引退
せん(2005/4/26生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:古賀慎明厩舎
父:グラスワンダー 母:ハッシュバンバン 募集価格:2200万円(1口5.5万)
近況:1000万昇級後、9戦して全て大敗と良いところがなく、成績不振で引退となった
全くと言っていいほど人気がないようだが、バランスの良い小柄な馬体で身が詰まった感じがして、かなり良いと思うけどねぇ。直飛気味に見えなくもないけど。順調ならかなり長い間走ってくれそう。

デビューから2戦は二桁着順の大敗、3戦目で一変して2着に入って4戦目で勝ち上がると、以降はダートならそう大崩れすることなく走り、通算3勝を挙げた。ただ気性的に難しい面があって、1000万昇級後は見せ場すら作れないレースが続いて引退することになった。
ムーンクレイドル
 Moon Cradle
 (3戦0勝)未勝利 引退
牝(2005/1/22生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:角居勝彦厩舎
父:ファルブラヴ 母:ストームティグレス 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:3歳時に勝ち上がれず地方へ転出。名古屋で2勝を挙げて中央へ復帰したが、再ファンドに応じず
オースミダイドウの妹。それだけに早期デビューが期待できそうだが、良くも悪くも父のファルブラヴが強く出てしまった印象で、既に550キロもある大型馬。どちらかと言えばダートの短距離向きだろうが、角居先生の仕上げに頼るのみ。

牝馬にして560キロという超大型馬で、常に脚下の不安に悩まされ続けた。それでもレースには3回使われたが、砂を被るとダメなタイプで好走はできず、未勝利戦が終了してしまい引退が確定した。
タイドヴァック
 Tijdvak
 (1戦0勝)未勝利 引退
牡(2005/3/11生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:藤岡健一厩舎
父:ダンスインザダーク 母:ジョウノイザベラ 募集価格:2700万円(1口6.75万)
近況:12/2の阪神芝2000mでデビューし7着。その後ソエで休養していたが、屈腱炎を発症して4/14に抹消
ダンスインザダーク産駒の1歳馬は馬体をあまりよく見せないが、これだけは例外だったので出資を決めた。短距離血統の母に長距離血統の父。この配合がどう出るかがカギ。

2歳の12月とデビューは比較的早かったが、1戦したのみでソエが悪化してしまい、その後ソエが良くなって再入厩したところで屈腱炎を発症し、引退が決定した。デビュー戦が好内容の7着だっただけに残念。
ロールオブザダイス
 Roll of the dice
 (39戦6勝)オープン 引退
牡(2005/4/30生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:鹿戸雄一厩舎
父:トワイニング 母:ラブフォーエバー 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:3コーナーで一杯になるレースが続き、成績不振で引退することになった
コンパクトにまとまった馬体。いかにも丈夫そうで、早期デビューと1勝は堅いんじゃないかと見て出資した。血統的に大物は見込み辛いが、世界の角居厩舎に入厩しどうなるか楽しみ。

 2006年産 引退馬10頭 (10頭出資)
フライバイワイヤー
 Fly by Wire
 (16戦3勝)1600万 引退
牡(2006/3/24生) 社台サラブレッドクラブ 美浦:戸田博文厩舎
父:キングカメハメハ 母:プラウドウイングス 募集価格:6000万円(1口150万)
近況:11/11のノベンバーSでは最下位に敗れた。3度目の膝骨折が判明し、引退することに
両親とも府中コースで類い希なるスピードを見せたことと、サンデー系の血が入っていないという血統面に期待して、第1希望で申し込み、出資を決めた。スラっとしすぎて貧弱に見えた馬体も、だいぶ良い感じに成長してきた。やはり距離はマイル程度が良さそうで、NHKマイルCに出走してくれないかと期待している。
イルドロール
 Ile de l’Or
 (25戦1勝)500万 引退
牝(2006/2/11生) サンデーサラブレッドクラブ 美浦:鈴木康弘厩舎
父:ゴールドアリュール 母:イルネージュ 募集価格:1200万円(1口30万)
近況:1/29の小倉戦では、1000mのスピードに付いていけず11着。6歳なので引退・繁殖入りとなった
クラブのツアーで見学した時に一目惚れ。ちょっとコロンとした馬体だが、ゴールドアリュール産駒らしく見栄えがする上に歩様が非常に柔らかく、これは間違いなく走ってくれるだろうと判断して急遽出資を決めた。マイル前後の芝のレースで頑張ってくれそう。大人しくて寂しがり屋の気性が成長してくれれば一段と期待が高まる。
ピースエンブレム
 Peace Emblem
 (17戦4勝)1600万 引退
牝(2006/1/16生) キャロットクラブ 美浦:小島茂之厩舎
父:ウォーエンブレム 母:ヴァンドノアール 募集価格:1400万円(1口3.5万)
近況:ダートの準オープン出走を目指して調整していたところ、蹄の炎症により引退することに
貴重なウォーエンブレム産駒であることと、見るからにパワフルな馬体であることに惹かれて出資した。芝・ダート兼用だが距離的には1800mが限界か。ミスタープロスペクターの同系配合なのは気になるが、全姉のブラックエンブレムが2歳の秋に強い勝ち方をしたので、本馬にも同様の期待をしたい。
カルカソンヌ
 Carcassonne
 (15戦2勝)500万 引退
牡(2006/4/2生) キャロットクラブ 栗東:松田博資厩舎
父:シンボリクリスエス 母:オーベルゲイド 募集価格:4000万円(1口10万)
近況:5/21の京都戦で、レース中に左前の浅屈腱を不全断裂してしまい、競走能力喪失で引退することになった。
スッキリとしたバランスの良い馬体に惹かれて出資した。血統面からモロに芝向きで、兄姉も芝の中距離で勝ち上がっていることから、何とかクラシック戦線に乗ってくれないものかと期待が高まる。たぶんつまらない怪我もせずに順調に調教が進められそう。
ガリアーノ
 Galliano
 (29戦1勝)500万 引退
牡(2006/4/18生) キャロットクラブ 美浦:栗田徹厩舎
父:タニノギムレット 母:ブーケトス 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:11/19の新潟戦では後方のまま全く伸びず、成績不振のため引退することになった
タニノギムレット産駒らしいこぢんまりとした馬体だが、前後の馬体のバランスが非常に良く、歩様も柔らかいので出資決定。ダートもこなせそうだが、どちらかと言えば芝向きか。かなりうるさい面を見せているらしいが、その気性が良い方に向かってくれば、結構上のクラスでもやれそうな気がする。
ティフィン
 Tiffin
 (20戦1勝)500万下 引退
牡(2006/5/10生) キャロットクラブ 栗東:松元茂樹厩舎
父:トワイニング 母:エラティス 募集価格:1600万円(1口4万)
近況:4/9の小倉戦では、キッチリ仕上げたにも関わらず早々とバテてしまい、成績不振で引退となった
菊花賞2着のアルナスラインをはじめ、活躍馬揃いのエラティス産駒だけあって以前から注目していたが、5月中にも栗東入厩を予定しているとのことで、急遽出資した。寸が詰まった体型でいかにもスピード型といった印象。馬体がさほど大きくないことから、ダートよりは芝の方がいいかもしれない。

未勝利時はダートならコンスタントに入着を重ねて9戦目で初勝利を挙げ、以降はなかなか先行できず後方ままのレースを繰り返してしまい、最近1年間は入着すらできないため引退することになった。
レッドジール
 Red Zeal
 (23戦2勝)500万 引退
牡(2006/5/7生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:鹿戸雄一厩舎
父:スペシャルウイーク 母:ジュメイラビーチ 募集価格:3800万円(1口9.5万)
近況:2/19の東京戦でも先行できず、全く良いところなく15着に大敗し、引退が決まった
欠点が全く見当たらない、惚れ惚れするような好馬体に惹かれて出資した。東京サラブレッドクラブの2006年産馬のなかではこの馬がダントツで良く見えた。前肢の出が非常に大きいのもセールスポイント。距離は2000mくらいまでが守備範囲だろうが、ダートもこなせるタイプで、かなり堅実に走ってくれそう。
レッドボナンザ
 Red Bonanza
 (1戦0勝)未勝利 引退
牝(2006/4/2生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:安田隆行厩舎
父:キングカメハメハ 母:タイキフォレスト 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:11/24の京都戦では2着。レース後に骨折が判明して休養していたが完治せずそのまま引退
キングカメハメハの現役時代のような、牝馬らしからぬ圧倒的な馬体に惹かれて出資した。お母さんの戦績からして、芝ダート問わずマイル前後の距離が最適か。馬体が非常に大きいので脚を傷めないかちょっと心配ではあるが、このまま順調なら2歳時から勝ち上がってくれそう。

デビュー戦で2着し、素質のあるところを見せてくれたが、いかんせん馬体が大きすぎたせいかレース後に膝の骨折が判明し、骨折箇所に負担がかかったまま完治せず、引退することになった
レッドスコルピオン
 Red Scorpion
 (3戦0勝)未勝利 引退
牡(2006/4/18生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:池江泰寿厩舎
父:VICTORY GALLOP 母:ゴーカロライナ 募集価格:4800万円(1口12万)
近況:8/30の札幌戦に出走予定だったが捻挫のため取り消し。挫石も発症してしまい引退することに
コンパクトにまとまったバランスの良い馬体で、早いうちからデビューできそう。血統的にはダートっぽいが、馬体や歩様を見た感じではむしろ芝の方が良さそうにも思える。距離はマイルが最適だろうが、2000mなら何とかこなせそうな感じがする。

どこか悪いところがあったわけではないが、全体的にピリっとした面がなくてデビューが3歳の4月まで遅れ、通算3戦しても最高が5着と勝ち負けまではほど遠い状況で、未勝利戦が終わってしまい引退が確定した。
外)フローズンタイム
 Frozen Time
 (16戦2勝)500万 引退
牡(2006/2/24生) 広尾サラブレッドクラブ 美浦:加藤征弘厩舎
父:Danehill Dancer 母:Bravo Dancer 募集価格:2100万円(1口4.2万)
近況:4/10の小倉戦で、レース中に左前の浅屈腱を不全断裂してしまい、競走能力喪失で引退となった
出資権利一口無料プレゼントに当選し、更に追加で出資した馬。第3希望での当選だったので微妙といえば微妙だけど、これまでソエが出た程度で大きなトラブルもなく、大きい歩様をしていて所属厩舎もいいし楽しみはあるはず。馬体・血統からしてどちらかといえばダート向きか。

ダートの短距離でモマれずに先行できると強さを発揮した。デビューから3戦目で勝ち上がり、3歳の夏には500万特別を勝つほどの活躍を見せたものの、短距離向きのスピードはなく、3勝目をあげられずモタモタしているうちに、大きな怪我で引退することになってしまった。

 2007年産 引退馬13頭 (13頭出資)
フォアシュピール
Vorspiel
 (0戦0勝)新馬 死亡
牝(2007/4/26生) サンデーサラブレッドクラブ 美浦:久保田貴士厩舎
父:ゼンノロブロイ 母:ユーアンミー 募集価格:1800万円(1口45万)
近況:3/31の夜に馬房で暴れ、両後肢を開放骨折してしまい予後不良に…
前後のバランスが良く肢勢に狂いのない馬体にカタログで一目惚れして、牧場見学ツアーでも非常に良く見えたため申し込み、出資が確定した。直飛で筋肉質な馬体なことからダートの方が良さそうだが、距離には融通が利きそう。前年度に出資したイルドロールのように、ちょっと気性面で落ち着きのないところがあり、成長が待たれる。

産地馬体検査を予定するほど順調に育成が進められていたが、3/31の夜に馬房で暴れ、両後肢を開放骨折してしまい予後不良となってしまった。ミクロコスモスの妹で、非常に可愛らしい馬だっただけに残念でならない。
ローテスクライト
Rotes Kleid
 (5戦0勝)未勝利 引退
牝(2007/5/5生) キャロットクラブ 美浦:鹿戸雄一厩舎
父:アグネスタキオン 母:レッドヴェルベット 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:10/3の札幌戦では未勝利戦に出走できず、格上挑戦し最下位に敗れた。引退して乗馬になることに。
アグネスタキオン産駒の割にはスラッとした上品な馬体で、さほど大きくならなそうで、仕上がりは早そう。兄姉が走っていないせいかお買い得な募集価格だけど、身体に窮屈なところがないし、芝のマイル前後での活躍を期待したい。
スフィラータ
Sfilata
 (0戦0勝)未出走 引退
牝(2007/2/9生) キャロットクラブ 美浦:松山将樹厩舎
父:ゴールドアリュール 母:インディパレード 募集価格:1000万円(1口2.5万)
近況:美浦に入厩してゲート試験合格までは行ったが、調教中に肺出血を発症して引退することに
480キロと大型だけど骨格がしっかりしているので、つまらない怪我はなさそうだし、ゴールドアリュール産駒らしくバランスがとれた馬体で、ダートだけでなく芝の中距離もこなしてくれそうなタイプ。募集額が1000万と安いが、かなりお買い得に思える。

1歳時から右トモの弱さが指摘され、以降はずっと軽めの乗り込みが続き、3歳の5月にようやく美浦へ入厩してゲート試験合格まではこぎ着けたものの、相変わらず強い調教ができず、15-15程度の調教で肺出血を発症して引退が決まった。馬体は良かったものの、体質が弱かったのは残念。
ヴェラブランカ
Vela Blanca
 (7戦2勝)1000万 引退
牝(2007/3/2生) キャロットクラブ 栗東:池江泰郎厩舎
父:クロフネ 母:アドマイヤサンデー 募集価格:3200万円(1口8万)
近況:12/19の阪神戦に出走するための追い切り後、右前に浅屈腱炎を発症して繁殖入りが決まった
フサイチホウオー・トールポピーの妹ということで1370口もの申し込みを集めた1番人気馬。父がクロフネになったことで兄姉以上の大型馬に育ちそうで、とにかく怪我がなく順調に調教が進むことを祈るのみ。クラシックはもとより、血統的にダートでの期待も大きい。
アイビーフォールド
Ivy Fold
(46戦2勝)1000万 引退
牡8歳(2007/5/10生) キャロットクラブ 美浦:和田雄二厩舎
父:ジャングルポケット 母:ビューティテイスト 募集価格:1400万円(1口3.5万)
近況:3/15の中京で障害デビュー。レース中に繋靱帯を不全断裂して引退することに
キャロットクラブ2007年産募集馬の中で最大の大穴馬。日本に古くから根付いている牝系と、コンパクトながらバランスの良い馬体に惹かれて出資。血統からすると芝の中距離が良さそうだが、馬体を見るとダートでも頑張ってくれそうな気がする。リトルディッパーの1歳時に雰囲気がよく似てる。
レッドバリオス
Red Balius
 (10戦1勝)500万 引退
牡(2007/4/4生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:角居勝彦厩舎
父:ダイナフォーマー 母:アドヴァーシティ 募集価格:5200万円(1口13万)
近況:1年ぶりに7/9の京都戦に出走し、スローな展開に泣き4着。レース後、また腱を傷めてしまい引退
東京サラブレッドクラブ2007年産募集馬の中では文句なしに一番良く見える。馬体の前後のバランスの良さは特筆モノで、もうちょっと全体的に大きくなれば究極のレベル。母系の血統も素晴らしく、日本向きの配合だけに期待は非常に大きい。
レッドアクセル
Red Axel
 (6戦0勝)未勝利 引退
牡(2007/2/20生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:国枝栄厩舎
父:ブライアンズタイム 母:スイートオーキッド 募集価格:4400万円(1口11万)
近況:10/2のスーパー未勝利戦で4着に終わり、出られるレースがなくなって引退が決まった
筋肉質の馬体と立ち気味の繋からして、芝よりはダートの方が良さそうなタイプ。母が短距離のスペシャリストだっただけに、マイル前後が合いそう。育成中は全くトラブルらしいトラブルもなく、このまま順調にいってレースを重ね、ダートの重賞で活躍して欲しい。
オウカランマン
Oka Ramman
 (6戦0勝)未勝利 引退
牝(2007/3/22生) ユニオン・オーナーズクラブ 美浦:清水利章厩舎
父:サクラバクシンオー 母:カチョウフウゲツ 募集価格:840万円(1口4.2万)
近況:8/21の新潟芝1000m戦では伸び脚がなく8着で引退確定。再ファンド後に現役続行中
いかにもサクラバクシンオー産駒らしいパワフルな馬体と、ワカクモの血を引く日本古来の母系とに惹かれて出資した。福島開幕週でのデビューが予定されてるとのことで、仕上がりが早そうなのも魅力的。たぶん大きな怪我なくコンスタントに出走できそう。芝・ダート問わず短距離向き。
プレトリアン
Praetorian
 (3戦0勝)未勝利 引退
牝(2007/2/15生) ユニオン・オーナーズクラブ 美浦:松山将樹厩舎
父:キングヘイロー 母:フォースエネミー 募集価格:840万円(1口4.2万)
近況:3/27の中京戦に出走し、うまく先行できたが13着。レース後に骨折が判明して引退が決まった
カタログに「当歳時の品評会で優秀賞を獲得した」とのコメントが書かれていたように、スラッとして上品な見栄えのする馬体に惹かれて出資した。キングヘイロー産駒で底力はありそうで、何とか早期に勝ち上がってクラシックを目指して頑張って欲しい。おそらくどちらかと言えば芝向きで、中距離もこなしてくれそう。

デビュー戦はポンと先行しても砂を被った途端に急ブレーキをかけて大敗、2戦目はスピード不足で敗れ、3戦目は先行するもレース中に骨折して大敗した。仮に怪我がなかったとしても、未勝利脱出が精一杯のレベルで、引退は仕方のないところか。
アイザーウェイ
Either Way
 (5戦0勝)未勝利 引退
牝(2007/4/30生) ユニオン・オーナーズクラブ 美浦:粕谷昌央厩舎
父:サクラプレジデント 母:ディペンドオンユー 募集価格:1050万円(1口5.25万)
近況:5/15の東京戦10着後、全治9ヶ月の屈腱炎を発症して引退が決まった
穏やかな顔つきと上品でバランスの良い馬体が目に付くグッドルッキングホース。470キロ前後と牝馬にしては馬格があり、その割には素軽そうなので芝のマイル戦前後が良さそうな印象。もし早めに勝ち上がれるようなら結構いいところまで活躍してくれそう。

デビュー戦はスンナリと理想的なスローの逃げを打てたにも関わらず6着に敗れ、その後はこれといって目立つところ無く4戦し、屈腱炎を発症して引退することになった。
チャームドライフ
Charmed Life
(30戦1勝)500万 引退
牡(2007/3/3生) ユニオン・オーナーズクラブ 栗東:柴田光陽厩舎
父:シルバーチャーム 母:スウィートエルフ 募集価格:1470万円(1口7.35万)
近況:4/29の名古屋競馬交流戦に出走し5着。脚部不安を発症して引退も、金沢競馬で走っている
バックパサーの血を引く父系と、日本に古くから根付いている血統の母系が組み合わされた、非常にユニークな血統の馬で、この馬を目当てにユニオンへ新規入会した。中・長距離向きの血が濃いため、クラシックディスタンスでの活躍が見込めるが、早期に勝ち上がれるかどうかがカギになりそう。たぶん芝の方が向いているはず。
オファニエル
Ofaniel
 (7戦0勝)未勝利 引退
牝(2007/3/29生) ユニオン・オーナーズクラブ 栗東:梅田智之厩舎
父:グラスワンダー 母:エンゼルカロ 募集価格:1575万円(1口7.875万)
近況:9/5の札幌戦では先行するも4コーナーで後退し10着と大敗。出られるレースがなくなり引退
函館3歳S(現:函館2歳S)を勝った母のように、早い時期から活躍してくれないかと期待して出資した。母譲りの気の強さを持っているようで、距離的にはマイルより短いところが良さそう。手足の長いスラッとした馬体をしており、どちらかと言えば芝の方がいいかも。
ノーヒットノーラン
No Hit No Run
 (1戦0勝)未勝利 引退
牡(2007/3/21生) ユニオン・オーナーズクラブ 栗東:新川恵厩舎
父:メジロライアン 母:グロリーアイ 募集価格:840万円(1口4.2万)
近況:6/19の阪神戦でデビューし、勝ち馬から25.9秒差の衝撃的な大敗で即引退が決まった
メジロライアンのラストクロップで、母系もバリバリの内国産。こういう馬に出資するのも血統のロマンを掻き立てられて面白そう。4月の産地馬体検査を受ける予定で仕上がりは早く、気性面の問題もなさそうなことから、意外と頑張ってくれるかも。中距離の芝が向いてそう。

2歳時は4月に産地馬体検査を行ったほど順調だったが、その後はトモに力強さがなく、軽めの乗り込みに終始していた。3歳春のトレセン入厩後も未勝利馬との併せ馬で大差遅れていたことから、勝ち上がりは困難だと予測されたが、6月のデビュー戦で1着から25.9秒もの衝撃的な差を付けられて即引退が確定した。

 2008年産 引退馬11頭 (11頭出資)
外)アンティフォナ
Antiphona
 (6戦1勝)500万 引退
牝(2008/2/26生) 社台サラブレッドクラブ 栗東:石坂正厩舎
父:ソングアンドアプレイヤー 母:スナッチド 募集価格:2000万円(1口50万)
近況:小倉での復帰を目指していたところ、重度の屈腱炎を発症してしまい、引退して繁殖入りすることに
小柄だけど筋肉質でいかにも仕上がり早のスピードタイプに見え、出資を決めた。父の産駒の傾向通り間違いなく短距離向きで、重心が低くて後肢の踏み込みが非常に力強いので、芝はもちろんダートでも1200m戦で活躍してくれそう。無駄な動きをしないタイプで、気性面は穏やか。
ジオノーシス
Geonosis
 (2戦0勝)未勝利 引退
牡(2008/3/14生) サンデーサラブレッドクラブ 美浦:粕谷昌央厩舎
父:ワイルドラッシュ 母:エンジェルシード 募集価格:1600万円(1口40万)
近況:8/27の新潟戦では後方のまま離される一方でタイムオーバー負け。2戦とも大惨敗で引退が決まった
父・母ともに筋金入りのダート血統で、本馬も繋が立っているし歩様も堅めで、どこをどうみてもダート専用馬だけど、馬体のバランスが良く、タフにレース数をこなせそうなことから出資を決めた。成長力もありそうだし、ダートの中距離を舞台にいずれ地方交流重賞に出られるようになれば面白い。
タイトルド08

 (0戦0勝)新馬 死亡
牝(2008/3/26生) サンデーサラブレッドクラブ 栗東:鮫島一歩厩舎
父:オペラハウス 母:タイトルド 募集価格:1800万円(1口45万)
近況:2/1に馬房内で骨盤骨折を発症し、そのまま起立できない状態となり予後不良に…
ちょっと体質の弱い血統でデビューは遅くなりそうだけど、スラッとした背の高い体型だし父がオペラハウスということで、もし順調にいけば牝馬の中距離路線で活躍してくれそうだと期待して出資した。

1歳の夏は圧倒的な背の高さでヒョロッとしていたものの、秋に入ってから徐々に馬体に実が入ってきて楽しみにしていたが、2/1に馬房で骨盤骨折を発症してしまい、その後も回復の見込みがなく予後不良となってしまった。
エルヴィエント
ElViento
(37戦5勝)B2 引退
牝(2008/4/3生) 社台地方競馬オーナーズ 大井:村上頼章厩舎
父:ワイルドラッシュ 母:ユアライフスタイル 募集価格:700万円(1口35万)
近況:11/6の大井戦に出走し、後方のまま伸びず12着。成績不振のため繁殖入りが決まった
脚が短くて見栄えしないけど、重心が低くて動きも力強く、砂の深い地方競馬に向いていると見てこの馬を選んだ。非常に大人しくて素直な気性をしていて、牧場の方々にずいぶんと可愛がられていたらしい。500キロ近い大型馬ながら、全くトラブルなく育成が進み、デビューは早そう。
ラバーフロー
Lover Flow
 (18戦1勝)500万 引退
牡(2008/2/28生) キャロットクラブ 美浦:黒岩陽一厩舎
父:タニノギムレット 母:フェザーレイ 募集価格:1400万円(1口3.5万)
近況:後方ままのレースが続き、成績不振で現役を引退することになった。金沢競馬で走っている

小柄ながらピリッとした性格をしていて、馬体のバランスが良くてつまらない怪我はしなそうだし、これで総額1400万円はかなりお買い得な印象。母父がエルコンドルパサーで成長力もあるし、距離に融通が利くタイプになりそうなので、順調に使われてクラシックに駒を進められないものか。

レッドセインツ
Red Saints
(14戦3勝)1000万 引退
牡(2008/2/17生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:鹿戸雄一厩舎
父:ディープインパクト 母:サセッティ 募集価格:3000万円(1口7.5万)
近況:8/9の札幌戦でスタート直後に競走中止。屈腱炎が再発してしまい引退となった
初子のせいかちょっと小さめに出たけど、ケチの付けようがないほどバランスの良い馬体をしていて、近親にアイルランドオークス馬もいて、距離もマイルからクラシックディスタンスまで幅広くこなしてくれそう。小柄な分、デビューは早くなりそうで、早期に勝ち上がれたら色々と夢が膨らみそう。
レッドライオット
Red Riot
 (0戦0勝)未勝利 引退
牡(2008/4/22生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:戸田博文厩舎
父:バゴ 母:マキバマイニング 募集価格:960万円(1口2.4万)
近況:2歳秋までは順調だったものの、以降はトラブル続きで、3歳の7月に腸骨を骨折して引退

母が公営で走っていたせいかちょっと地味な印象はあるけど、ブラジル・アメリカ・ヨーロッパと世界各地で活躍馬を出している血統で、凱旋門賞勝ちの父との融合で、いかにも底力がありそうなことから出資した。一つ間違えればスピード不足のタイプに出てしまうので、早期に勝ち星を挙げられるかがカギになりそう。芝・ダート問わず、中距離が向いているはず。

ミロス
Milos
 (6戦0勝)未勝利 引退
牝(2008/3/22生) ユニオンオーナーズクラブ 美浦:和田正一郎厩舎
父:アグネスデジタル 母:テンザンビーナス 募集価格:735万円(1口3.675万)

近況:10/1の中山戦では意外とスンナリ先行するも、直線バテて9着。出られるレースがなくなり引退

 
エルフィンアローズ
Elfin Arrows
 (0戦0勝)未勝利 引退
牡(2008/4/10生) ユニオンオーナーズクラブ 栗東:柴田光陽厩舎
父:アルカセット 母:スウィートエルフ 募集価格:1575万円(1口7.875万)
近況:7月に栗東トレセンに入厩したが、トウ骨を痛がって速めの調教ができず、引退が決まった
 
テンヤードスカート
Ten Yard Skirt
 (5戦0勝)未勝利 引退
牝(2008/4/25生) ユニオン・オーナーズクラブ 美浦:浅野厩舎
父:ネオユニヴァース 母:ジプシーダンサー 募集価格:840万円(1口4.2万)
近況:9/4の札幌戦では、ダートを走る体力がない感じで、最後方のまま終わりって引退

ルアス
Luas
 (2戦0勝)未勝利 引退
牝(2008/2/28生) ユニオン・オーナーズクラブ 栗東:庄野靖志厩舎
父:タイキシャトル 母:アイリッシュクレア 募集価格:735万円(1口3.675万)
近況:未勝利4着後に、500万に格上挑戦したところ13着と大敗。再ファンドなしで引退
 

 2009年産 引退馬10頭 (10頭出資)
エスキナンサス
Aeschynanthus
 (5戦0勝)未勝利 引退
牝(2009/2/9生) サンデーサラブレッドクラブ 美浦:手塚貴久厩舎
父:スペシャルウィーク 母:エスティメーション 募集価格:1400万円(1口35万)
近況:9/14の中山スーパー未勝利戦では直線あわやのシーンも4着。タイムが遅すぎて引退

スラッとしてバランスが良く上品な馬体をしているし、6月の1歳募集馬ツアーで1頭だけ落ち着き払った態度で展示されているのを見て、申し込みを決めた(第2希望)。距離はマイルまでが良さそうだけど、新馬勝ちが期待できる血統だし、大きな怪我なくコンスタントに出走してくれるのではと期待。芝・ダートはどちらも大丈夫そう。

リズムディヴァイン
Rhythm Divine
 (7戦0勝)未勝利 引退
せん(2009/5/25生) サンデーサラブレッドクラブ 美浦:栗田博憲厩舎
父:ウォーエンブレム 母:ゴットザビート 募集価格:3000万円(1口75万)
近況:去勢後も全く良いところなく大敗し、引退が確定した。名古屋競馬で現役続行中

初めての出資馬で4勝を挙げたゴットザビートの初仔ということで申し込んだ(第1希望)。そのお母さんはダート専門馬だったので本馬もダートの方が良さそうだけど、馬体からすると芝でも面白そう。馬体のバランスもどんどん良くなっているし、早い時期に勝ち上がって3歳時は芝のレースを中心に走り、古馬になってからはダート戦線で活躍してくれることを期待。

ショコラヴェリーヌ
Chocolat Verrine
(26戦6勝)A2 引退
牝(2009/2/14生) 社台地方競馬オーナーズ 大井:荒山勝徳厩舎
父:ゴールドアリュール 母:ブリージーウッズ 募集価格:800万円(1口40万)
近況:2/19の浦和梅花賞では、理想的な先行をしながら3コーナーで一杯。引退して繁殖入り

明るい栗毛で筋肉質の馬体と、モロに好みのタイプなので出資を決めた。出資馬キングスデライト・リトルディッパーの近親というのもポイント。地方向けの馬なので、もちろんダートの方が良さそうだけど、父のゴールドアリュールは芝・ダート兼用馬を多く出していることから、この馬も2歳の早いうちにJRA認定競走を勝ち、その後はJRAの特別指定競走に出走し活躍してくれないかと期待が高まる。

アーカイブ
Archive
(17戦3勝)1000万 引退
牡(2009/3/4生) キャロットクラブ 美浦:堀宣行厩舎
父:ディープインパクト 母:データ 募集価格:6000万円(1口15万)
近況:1/5の中山戦では、後方から全く伸びず8着。レース後に繋靱帯損傷が判明して引退

アドマイヤがセレクトセールで落札し、その後キャンセルしてキャロットクラブに回って来た点が気になるけど、歩様が大きくて欠点が見当たらず、誰が見ても良く見えるタイプの馬で出資を決めた。初仔でディープインパクト産駒だけあって小柄だけど、馬体のバランスが良いのでそう小さくは見えない。クラシックディスタンスでの活躍を期待。

チャイナキッス
China Kiss
 (8戦0勝)未勝利 引退
牝(2009/3/6生) キャロットクラブ 美浦:大竹正博厩舎
父:シンボリクリスエス 母:チャイナドール 募集価格:1400万円(1口3.5万)
近況:札幌のダート2400m戦に出走も、力尽きてタイムオーバー負け。未勝利を勝ち上がれず引退

スラッとした馬体で胴が長く、いかにも中長距離戦で良さそうなタイプ。ピリッとした気性をしているし、馬体も中サイズで意外とデビューは早いかも。もし早めに勝ち上がれるようならクラシックの舞台へと期待が高まる。芝・ダートはどちらもこなせそうな雰囲気で、つまらない怪我もしなそう。

キャンドルナイト
Candle Night
 (2戦0勝)未勝利 引退
牝(2009/2/16生) キャロットクラブ 栗東:鈴木孝志厩舎
父:キングヘイロー 母:ピンクキャンドル 募集価格:1000万円(1口2.5万)
近況:2戦とも6秒以上の差を付けられ、タイムオーバー負け。出走できるレースもなく引退した

闘争心の強いタイプで、小柄だけど重心が低くてパワフルな走りをするため出資を決めた。母系が地味なのはちょっと気になるけど、値段以上に走ってくれそうなタイプ。馬体はキッチリとまとまっているし、芝ダート問わずマイル前後が合っているかも。

ロマンヒコウ
Roman Hikou
 (9戦0勝)未格付 引退
牝(2009/4/5生) キャロットクラブ 大井:松浦裕厩舎
父:ファルブラヴ 母:キッズエンジェル 募集価格:700万円(1口7万)
近況:6/4の大井戦では、ある程度前に行けたのに結果が伴わず、引退が確定した

初仔+母父ステイゴールドの割には馬格があり、地方の深いダートコースでもパワー負けしなそうだし、父ファルブラヴで芝もこなせそうなことから、早いうちにJRA認定競走を勝ち、JRAの特別指定競走に出走することを期待して、追加出資を決めた。

レッドランベール
Red Lambert
 (3戦0勝)未勝利 引退
牡(2009/4/6生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:久保田貴士厩舎
父:ダイワメジャー 母:シシーダルザス 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:9/17の中山スーパー未勝利に出走し、ブービーに終わる。3走全て二桁着順で引退が確定した

ダイワメジャー産駒らしく大型で筋肉質な馬体をしていて、しかも脚の可動域が非常に大きい点に惹かれて出資を決めた。いかにもダートが向いていそうで、早いうちから馬力で他馬を蹴散らすようなレースで活躍してくれることを期待したい。ただ、ダート専門馬ではなく芝もこなしてくれると思う。距離は1800m前後が最適か。

レッドアーヴィング
Red Irving
(20戦3勝)障害OP 引退
せん(2009/2/9生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:松永幹夫厩舎
父:アドマイヤムーン 母:エンプレスティアラ 募集価格:2800万円(1口7万)
近況:9/5の小倉オープンに出走予定も、追い切り後に屈腱炎を発症してしまい、引退することに

お母さんは2戦しただけで引退したけど、この馬は1歳にも関わらず軸がブレない力強い歩様をしていて、いかにもダートで面白そうなことから出資を決めた。大柄でパワフルな馬体をしていて、距離は融通が利きそうだし、祖母ゴールドティアラの実績に少しでも近づいて欲しい。

ミーシャレヴュー
Mischa Revue
(11戦0勝)500万 引退
牝(2009/2/3生) ユニオン・オーナーズクラブ 栗東:松田国英厩舎
父:アグネスタキオン 母:ネームヴァリュー 募集価格:2520万円(1口12.6万)
近況:8/17の札幌戦で5着後、屈腱炎が再発してしまい引退することに

2歳時・大井所属時に大活躍したネームヴァリューの仔ということで出資を決めた。母は芝・ダート兼用で2600m重賞を勝っているし、父も仕上がり早で中距離に実績があるため、本馬にも2歳時に勝ち上がってクラシック戦線に乗れるような活躍を期待したい。もちろんダート交流重賞に向かえたら面白い。



 2010年産 引退馬10頭 (14頭出資)
アメリ
Amelie
(24戦3勝)1000万 引退
牝(2010/5/17生) サンデーサラブレッドクラブ 栗東:池江泰寿厩舎
父:ディストーティドヒューマー 母:アゼリ 募集価格:5000万円(1口125万)
近況:11/7の京都戦では8着に敗れ、調子落ちが見られることからそのまま引退することに

アメリカでG1を11勝して年度代表馬にも選出された、名牝アゼリの仔。そうでなくとも、スラッとしてバランスの良い馬体と、凛とした立ち姿に惹かれて出資した。血統的にはダート向きだろうけど、脚の可動域が大きいので芝もこなしてくれそう。遅生まれなので現段階では小柄だけど、馬体が中サイズにまで育ってくれれば楽しみは大きそう。

キープザサミット
Keep the Summit
(8戦1勝)500万 引退
牝(2010/4/23生) G1サラブレッドクラブ 美浦:中舘英二厩舎
父:チチカステナンゴ 母:キープクワイエット 募集価格:1600万円(1口40万)
近況:2/14の小倉戦で13ヶ月ぶりに復帰もタイムオーバー負け。中舘厩舎に転厩後、骨折して引退

社台の募集馬ツアーで展示されていたのを見て、まだ小柄だけど非常にバランスの良い馬体に惹かれて出資した。母系は堅実に勝ち星を挙げる血統だし、父はグレイソブリン系で底力がありそうな点も魅力。まだ馬格がないので、これからの成長具合に期待したい。芝の方が良さそうで、おそらくダートは微妙。

ジンジャーミスト
Ginger Mist
(7戦0勝)未勝利 引退
牝(2010/3/30生) キャロットクラブ 美浦:古賀慎明厩舎
父:Bernardini 母:ジンジャーパンチ 募集価格:3600万円(1口9万)
近況:8/111の函館戦では、後方のまま9着。スーパー未勝利への出走権がなく引退確定

アゼリほどではないけど、こちらも古馬牝馬チャンピオンの仔。ダートのスピード勝負はもってこいの血統だけど、バランスのとれた馬体と、軽やかな歩様を見ると、芝のレースでも十分走れそうな気がする。初仔だけあって馬体がコンパクトなので、サイズはある程度大きくなって欲しい。

ハリウッドミューズ
Hollywood Muse
 (2戦0勝)未勝利 引退
牝(2010/3/1生) キャロットクラブ 美浦:菊川正達厩舎
父:ダンスインザダーク 母:ハリウッドレビュー 募集価格:1000万円(1口2.5万)
近況:1/19の中山戦では渋太く差を詰め3着。脚が腫れて引退

かつて出資していたティルフィングの妹。地味な血統なのでカタログの段階ではスルーしていたものの、1歳のツアー時には安馬ながら存在が目立っていた。その後も全くトラブルなく育成が進んでいたため、2歳の5月に追加出資することに。距離が長いところで良さそうなので、早めに1勝を挙げてクラシックトライアルに挑戦できないかと期待している。

カドリーユ
Quadrille
 (2戦0勝)未勝利 引退
牝(2010/4/1生) キャロットクラブ 美浦:奥平雅士厩舎
父:Dalakhani 母:ダンスザクラシックス 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:4/21の東京戦後、骨折が判明して引退、繁殖入り

ダンジングブレーヴ、レインボウクエスト、サドラーズウェルズ、ダラカニと、代々クラシックのスペシャリストの血が集約されている点に惹かれて出資を決めた。単なるスピード不足の馬になるかもしれないけど、東京芝2400mで大きな夢が見られそう。仮に現役ではダメだったとしても、母親になっていい仔を産みそう。

オルヴィエート
Orvieto
 (1戦0勝)未勝利 死亡
牝(2010/2/5生) キャロットクラブ 栗東:松元茂樹厩舎
父:ダイワメジャー 母:エンシェントヒル 募集価格:1600万円(1口4万)
近況:栗東トレセンで調教中に放馬してしまい、ラチをまたぐ格好で骨盤を骨折し、残念ながら予後不良に

初年度産駒が大活躍しているダイワメジャーの仔で、歩様が非常に柔らかいので出資を決めた。お母さんはダートで活躍したので、牝馬の交流ダート競走に出られるようなら面白そう。肩の出が大きいので、ダート専門ではなく、ある程度は芝もこなせそうな印象。2歳の早い時期から走ってくれることを期待。

マズルファイヤー
Muzzle Fire
(22戦1勝)1000万 引退
牡(2010/2/22生) キャロットクラブ 栗東:寺島良厩舎
父:ホワイトマズル 母:ササファイヤー 募集価格:2000万円(1口5万)
近況:1/7の京都戦では、先行するも4コーナーで一杯になり大敗。成績不振で引退することになった

1歳にして既に500キロを超える雄大な馬体の持ち主。ただデカいだけでなく、歩様が大きくて柔らかいので出資を決めた。ホワイトマズル産駒だけあって、まだ馬体のバランスがとれていないけど、これから徐々に良くなってくるはずだし、中長距離のレースで活躍してくれることを期待したい。

レッドベルフィーユ
RED Bellefille
(4戦0勝)未勝利 引退
牝(2010/3/31生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:藤澤和雄厩舎
父:アグネスタキオン 母:マンダララ 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:脚を傷めて引退することに。格上挑戦の500万でも好走できていたので残念

アグネスタキオンのラストクロップで、いかにも父の産駒らしい柔らかい馬体に惹かれて出資を決めた。馬体のバランスがすこぶる良いことも印象的で、2歳時にスンナリと勝ち上がり、重賞戦線に乗ってくれないかと期待が高まる。おそらくダートよりは芝向き。

レッドエンブレム
Red Emblem
(29戦3勝)1000万 引退
牡7歳(2010/2/25生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:戸田博文厩舎
父:ウォーエンブレム 母:キャスケードブーケ 3200万円(1口8万)
近況:膝裏の腫れが引かず、完治まで時間がかかりそうなことから引退することになった

非常にパワフルな馬体をしていて、ダートでの活躍が見込めるほか、スラッと脚が長い体型で捌きも軽やかなので、芝もこなせそうなので出資を決めた。ウォーエンブレム産駒らしく、先行してそのまま粘り込むようなレースぶりを期待したい。おそらく未勝利に終わることはないかと。

レッドセイリング
Red Sailing
(12戦2勝)1000万 引退
牝(2010/2/25生) 東京サラブレッドクラブ 栗東:藤原英昭厩舎
父:ゼンノロブロイ 母:チャールストンハーバー 募集価格:2800万円(1口7万)
近況:11/7の京都戦では先行するも3コーナーで後退しシンガリ負け。走る気がなく引退

無敗でNHKマイルCを制したカレンブラックヒルの妹で、5月になっても残口があったので申し込んだ。牝馬らしからぬ雄大な馬体が特徴で、芝だけでなくダートもこなしてくれそうな点に期待した。まだ気持ちの面でピリッとしたところが出てこないとのことだけど、調整を進めていくうちに前向きさが出てくれれば。

ヴァンダリア
Vandalia
(4戦0勝)未勝利 引退
牡(2010/2/25生) ユニオン・オーナーズクラブ 美浦:金成貴史厩舎
父:クロフネ 母:マドモアゼルシッシ 募集価格:2100万円(1口10.5万)
近況:8/11の新潟戦では、後方のまま11着。障害転向を目指すも、試験を2度落ちて現役を断念

ユニオンは新たに出資せず、現役出資馬が引退したら自然退会する予定だったけど、この馬はクロフネ産駒らしく雄大な馬体をしていながら、動きが非常に大きくて柔らかい点に惹かれ、出資することにした。ダートだけでなく芝もこなしてくれそうで、2歳戦から末永く活躍してくれることを期待。

プラチナグロース
Platina Growth
(11戦2勝)500万下 引退
牡(2010/2/25生) ユニオン・オーナーズクラブ 栗東:昆貢厩舎
父:ゴールドアリュール 母:スズカミンクス 募集価格:1260万円(1口6.3万)
近況:10/6の京都戦ではノドが鳴って大バテして大敗。権利放棄してクラブを退会済

いかにもダート向きの馬体・血統をしていて、1歳の時点で歩様も力強く、追加で出資することにした。曾祖母がウイニングカラーズと、血統的にも筋が通っている点が魅力。仕上がりが早そうで、地方交流重賞に出走させたい。



 2011年産 引退馬9頭 (13頭出資)
エンドゾーン
End Zone
 (21戦1勝)C3 引退
牝(2011/5/2生) 社台サラブレッドクラブ 大井:高橋清顕厩舎
父:フジキセキ 母:ネバーエンディング 募集価格:800万円(1口20万)
近況:4/23の大井戦では後方のまま大敗してファンドは解散。名古屋で現役は続行中
現段階ではまだ小柄だけど、肩の筋肉が発達していて、それでいてすこぶるバランスの良い馬体が目立つ存在で、2次募集で追加出資を決めた。ダートはもちろんのこと、芝も十分にこなせる下地はあり、2歳時の道営参戦だけでなく、3歳時のクラシックトライアル殴り込みも決して夢ではない。
ハープスター
Harp Star
 (11戦5勝)オープン 引退
牝(2011/4/24生) キャロットクラブ 栗東:松田博資厩舎
父:ディープインパクト 母:ヒストリックスター 募集価格:4000万円(1口10万)
近況:3/28のドバイシーマクラシック8着後、右前脚に故障を発生して引退・繁殖入りすることに
かつてサンデーで、2つ上の全兄ピュアソウルを第1希望で申し込もうかと相当迷ったことがあり、脚が短いのが気になって見送った経緯があった。この馬は全兄の欠点が解消されていて、しかもツアーの展示で威圧感たっぷりに立っているのを見て、文句なしの最優先申し込みをした。名牝ベガの血を引き、目指すはもちろんクラシック。
グレンガイル
Glengyle
(21戦2勝)500万 引退
牡(2011/4/24生) キャロットクラブ 栗東:笹田和秀厩舎
父:ゼンノロブロイ 母:シーズアン 募集価格:3000万円(1口7.5万)
近況:12/3の阪神戦は、馬に走る気がなく最下位に惨敗。成績不振で引退
胸前から肩にかけてとトモの筋肉が発達した、非常に均整の取れた馬体をしていてモロに好み。牝系を見ると目立った活躍馬は出ていないけど、ツアー時の雰囲気の良さにすっかり惹かれ、申し込み確定。
ルヴァンカー
Le Vainqueur
(20戦2勝)1000万 引退
牡(2011/4/16生) キャロットクラブ 栗東:小崎憲厩舎
父:ステイゴールド 母:シャンスイ 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:札幌最終週に向けた追い切りで、屈腱周囲炎を発症してしまい引退することに
母父がスウェプトオーヴァーボードと地味だけど、筋の通った血統で、いかにも気が強そうな面構えをしている点に惹かれて申し込んだ。募集当時はまだメリハリのない馬体をしていて、これからどれだけ良くなっていくか楽しみ。おそらく芝の方が良さそう。
アップカレント
Up Current
 (6戦0勝)未勝利 引退
牝(2011/2/2生) キャロットクラブ 栗東:飯田雄三厩舎
父:ダイワメジャー 母:ラフアップ 募集価格:1800万円(1口4.5万)
近況:9/27の阪神戦では、先行できず中団からズルズル下がって大敗し、引退が確定した
1歳の若駒にとって、スッと真っ直ぐ長時間立っているのは辛いことだけど、ツアーの展示中、微動だにせずキチッと立っているのを見て、それだけで申し込んだ。お母さんは若いし、古くから日本に根付いた母系で、コンスタントに走ってくれそうなタイプ。ダートもこなせそうだけど、どちらかと言えば芝のマイル前後が適条件か。
レッドラウディー
Red Rowdy
 (3戦0勝)未勝利 引退
牡(2011/4/1生) 東京サラブレッドクラブ 名古屋:角田輝也厩舎
父:マンハッタンカフェ 母:スタイルリスティック 募集価格:3200万円(1口8万)
近況:名古屋に転籍して10戦したものの1勝のみ。中央復帰は無理と判断されて引退した
かねてからマンハッタンカフェ産駒に出資したいと思っていたし、ナサニエルの近親という申し分ない血統で、しかも全体的に歩様が大きくて力強い点に惹かれて、第1希望で申し込んだ。トモが高くて馬体の成長余地も大きそう。ただ、ちょっと目つきが悪く、もしかしたら気性面に課題があるかもしれない。
レッドクラリス
Red Clarice
(14戦1勝)500万 引退
牝(2011/4/18生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:古賀慎明厩舎
父:ハーツクライ 母:マニエラ 募集価格:1600万円(1口4万)
近況:1/17の中山戦で11着。馬に走る気が見られず、成績不振のため引退することになった
お父さんは芝の広いコース向き、お母さんは地方のダート向きと、血統面はちょっとアンバランス。でも募集時から馬の形がなかなか良くて、育成が進むにつれてますます見栄えがするようになったので、2歳の6月頃に追加出資を決めた。新潟や東京の芝コースが合いそうだし、全くのノートラブルで育成が進んだので、レースでは堅実な走りを期待したい。
レッドメテオ
Red Meteor
 (3戦0勝)未勝利 引退
牡(2011/2/8生) 東京サラブレッドクラブ 美浦:二ノ宮敬宇厩舎
父:ステイゴールド 母:モトメチャン 募集価格:2200万円(1口5.5万)
近況:ノド鳴りと鼻出血発症した後、屈腱炎まで発症してしまい引退が確定した
ステイゴールド産駒は、1歳時は馬体のバランスが悪くて見栄えがしない馬が多く、なかなか出資しづらい面もあるけれど、この馬は非常に均整のとれた格好をしているし、歩様もキビキビとしていて見栄えがする。繋から蹄の角度も一直線で理想的。ステイゴールドの気の強さが受け継がれていれば、非常に面白いと思うし、母系が筋の通った血統なのも魅力。
キングオブタイム
King of Time
(17戦1勝)障害未勝利 引退
牡(2011/4/19生) シルクホースクラブ 栗東:加用正厩舎
父:キンググローリアス 母:クイーンオブタイム 募集価格:1300万円(1口2.6万)
近況:12/6の阪神障害戦で4着後、重度の屈腱炎を発症して引退が決まった
懐かしのキンググローリアスの仔という点に惹かれて出資した(これがラストクロップ)。兄姉はシルクで堅実に走っているし、ダートもこなせる血統なので、堅実に走ってくれそうなイメージ。たぶん、全く走れないことはなさそう。
サンタエヴィータ
Santa Evita
(18戦3勝)1600万 引退
牝6歳(2011/2/21生) シルクホースクラブ 栗東:西村真幸厩舎
父:Smart Strike 母:エヴィータアルゼンティーナ 2500万円(1口5万)
近況:2/26の阪神戦では、3番手から粘って2着に好走。6歳春で引退・繁殖入りすることになった
キッチリ固まったパワフルな馬体をしているし、特にトラブルなく2歳まで順調に育成が進んだ点に惹かれ、シルク入会と同時に申し込んだ。栗毛の筋肉質な馬で、モロに好みのタイプ。血統的にはダートの方がよさそうだけど、芝もこなせそう。


 2012年産 引退馬10頭 (19頭出資)
エリオットベイ
Elliott Bay
(13戦1勝)500万 引退
牡5歳(2012/1/31生) キャロットクラブ 美浦:上原博之厩舎
父:ネオユニヴァース 母:シアトルサンセット 1800万円(1口4.5万)
近況:4/23の福島戦では終始行きっぷりが悪くブービー負け。500万ではメドが立たず引退
ネオユニヴァースの産駒は馬体を良く見せるタイプが多く、この馬がその典型例。まだ日本では結果は出ていないものの、すこぶる優秀な母系に惹かれ、一発長打があるのではと期待。まだ重心が前に寄っているので、前後のバランスが良くなれば楽しみ。
ムーンセイル
Moonsail
(3戦0勝)未勝利 引退
牡(2012/2/1生) キャロットクラブ 美浦:牧光二厩舎
父:ジャングルポケット 母:ヴェラブランカ 募集価格:2800万円(1口7万)
近況:9/26の中山戦では果敢に先行するも3コーナーで一杯になり大敗。引退が決まった
かつての出資馬の仔。良くも悪くも早熟な点がこの一族の特徴で、順調ならクラシック出走の夢を見られる点に惹かれた。カタログで前脚の繋が寝過ぎているのが気になったけど、牧場ツアーで見たところ、特に問題なさそうだったので申し込んだ。ただ、正直なところあまり好きな形ではなく、他に魅力的な馬が見当たらなかったから、といったところ。
キルシュガイスト
Kirschgeist
(2戦0勝)未勝利 引退
牡(2012/2/29生) キャロットクラブ 美浦:尾関知人厩舎
父:エンパイアメーカー 母:アトムチェリー 募集価格:3200万円(1口8万)
近況:9/13のスーパー未勝利戦に出走し、スピード不足で付いていけず11着。引退が決まった
1歳の秋にして538キロもある超大型馬。もちろん脚元にかかる負担が大きく、順調さを欠く心配はあるけれど、もし無事ならダートでいいところまで行けそうな点に惹かれた。怪我さえしなければ未勝利に終わることはないはず。
イルミリオーネ
Il Milione
(5戦1勝)500万 引退
牡(2012/3/13生) キャロットクラブ 栗東:清水久詞厩舎
父:マンハッタンカフェ 母:キューティゴールド 募集価格:2400万円(1口6万)
近況:8/1小倉戦で初勝利後、重度の屈腱炎を発症して完治する見込みがなく引退することに
募集当時で既に500キロ超の馬体を誇る大型馬。大型馬の割に動きが素軽いのが魅力で、芝・ダート問わずタフに出走を重ねてくれるのではと期待している。距離の融通も利きそう。骨格がしっかりしていて、つまらない怪我はしないはず。
ルーセントハート
Lucent Heart
 (4戦0勝)未勝利 引退
牝(2012/3/9生) キャロットクラブ 栗東:浜田多実雄厩舎
父:チチカステナンゴ 母:レストレスハート 募集価格:1000万円(1口2.5万)
近況:8/22の小倉戦では、出遅れて後方のまま全く良いところなく大敗し、引退が確定した
ルフナ
Ruhuna
 (6戦0勝)未勝利 引退
牝(2012/4/8生) キャロットクラブ 栗東:庄野靖志厩舎
父:チチカステナンゴ 母:ティフィン 募集価格:1000万円(1口2.5万)
近況:8/30の札幌戦では後方のまま差を詰められず12着。出られるレースがなくなり引退
ラダームブランシェ
La Dame Blanche
(2戦1勝)500万 引退
牝(2012/3/14生) シルクホースクラブ 美浦:田島俊明厩舎
父:チチカステナンゴ 母:アーデルハイト 募集価格:1200万円(1口2.4万)
近況:2016年2月に帰厩後、すぐに屈腱炎を発症してしまい、完治のメドが立たず引退することになった
祖母がビワハイジで、ブエナビスタの近親にあたる血統。お父さんがチチカステナンゴということもあり、募集額が安くてその割に体つきがしっかりしていたため、1次募集から申し込んだ。脚元が弱い血統なので、順調にレースを重ねられればソコソコの活躍は期待できる。ダートよりは芝向きのはずで、距離が伸びて面白そう。
ファヴォリート
Favorit
 (2戦0勝)未勝利 引退
牡(2012/2/14生) シルクホースクラブ 栗東:池江泰寿厩舎
父:ネオユニヴァース 母:マチカネタマカズラ 募集価格:3000万円(1口6万)
近況:2/22の京都戦では、後方のまま全く良いところなくシンガリ負け。腸骨の骨折が判明し引退
プリモレガーロ
Primo Regalo
(8戦0勝)未勝利 引退
牝(2012/2/22生) シルクホースクラブ 栗東:石坂正厩舎
父:ハービンジャー 母:クラウンピース 募集価格:2500万円(1口5万)
近況:9/21の阪神スーパー未勝利戦では、中団から直線ジリジリした伸びで6着。繁殖入りが決まった
ポリアフ
Poliahu
(12戦1勝)500万 引退
牝(2012/1/31生) シルクホースクラブ 栗東:吉田直弘厩舎
父:キングカメハメハ 母:ユキチャン 募集価格:2500万円(1口5万)
近況:10/30の新潟戦では先行するも4コーナーで一杯になりブービー負け。成績不振で引退
ダート交流重賞で圧巻の強さを見せたユキチャンと、ダートでも活躍馬を多く出しているキングカメハメハとの間の仔ということで、ダートでの走りに期待して1次募集で申し込んだ。白毛ではない分、体質は強くなるはず。かなり肩の筋肉が発達した馬で、動きに重苦しさがあり、早めに1つ勝っておきたい。
ブライアローズ
Briar Rose
(2戦0勝)未勝利 引退
牝(2012/3/12生) シルクホースクラブ 園田:長南和宏厩舎
父:スウィフトカレント 母:エレンウィルモット 募集価格:1400万円(1口2.8万)
近況:未勝利を勝てず、園田に転出して2戦したものの勝てずにJRA復帰を断念した
かなり地味な血統のせいか、入厩直前まで売れ残っていたので、ギリギリのタイミングで追加出資した。ブラックタイプにはノースヒルズの名馬が並んでいるし、1歳当時から背中の良さが絶賛されていたので、もっと体つきがスッキリしてくれば、意外と走ってくれそうな気がする。


 2013年産
プルミエエトワール
Premiere Etoile
(6戦0勝)未勝利 引退
牝(2013/2/12生) サンデーサラブレッドクラブ 栗東:吉田直弘厩舎
父:ヴィクトワールピサ 母:ユーアンミー 募集価格:2000万円(1口50万)
近況:7/2の函館戦では先団に取り付いても3コーナーから一杯になり9着。成績不振で引退が決まった
2007年産の姉、昨年のウェスタールンドに続き、このきょうだい3頭目。第1希望で出資が確定した。ミクロコスモスも含めてユーアンミーの産駒は軒並み好馬体を誇るけど、いずれも気性面に難点を抱えやすいデメリットはある。カタログ・DVD・ツアーのいずれも好印象で、決して落ち着いている方ではないけど、手を焼かせるほどでもないとのこと。牝馬にしてはいい体つきをしているし、おそらく使い減りに悩むことはなさそうなのもセールスポイント。
ヴェルミオン
Vermillon
(11戦2勝)C1 引退
牡(2013/4/26生) サンデーサラブレッドクラブ 大井:荒山勝徳厩舎
父:ヴァーミリアン 母:マチカネセキガハラ 募集価格:1200万円(1口30万)
近況:8/2の大井自己条件では先行して3着に粘ったものの、骨折が判明して引退が決まった
マチカネニホンバレの近親であり、お父さんがヴァーミリアンというダート適性の高さが魅力で、カタログやDVDの時点では注目していた馬。ただ、ツアーではあまり立ち姿が綺麗ではなかったし、ちょっとトモが薄いような印象を受けたので候補からは外していた。申し込み締め切り前に、何となく過去の募集馬カタログを見ていたら、父ヴァーミリアンの募集当時の馬体とこのマチカネセキガハラ13の馬体が瓜二つだったので、急遽衝動的に申し込んで出資した。柔らかい体つきをしていて、芝もこなせそうな雰囲気はある。
クレスクント
Crescunt
(5戦0勝)未勝利 引退
牝(2013/1/21生) キャロットクラブ 栗東:中内田充正厩舎
父:ハービンジャー 母:ヴェラブランカ 募集価格:2000万円(1口5万)
近況:スーパー未勝利に出走できず、10/2の阪神500万条件で14着。成績不振で引退することに
お母さんのヴェラブランカに出資していたので、母馬優先を使って1次募集で申し込んだ。母・兄と同様、1歳の募集時から大きな馬体をしていて、脚元に不安が出ないか心配はある。牝馬にしてはかなり大人しい気性で、イレ込んで実力を発揮できないことはなさそう。お父さんがハービンジャーなので芝向きか。
レンベルガー
Lemberger
(8戦0勝)未勝利 引退
牡(2013/4/11生) キャロットクラブ 栗東:牧田和弥厩舎
父:アンライバルド 母:クリンゲルベルガー 募集価格:1200万円(1口3万)
近況:8/7の小倉戦では、後方から全く伸びず10着に大敗。成績不振で引退が決まった
新種牡馬であまり数の多くないアンライバルド産駒ということで、1次募集から申し込んだ。初仔のせいか、400キロそこそこの小柄な馬体がどう出るか。ただ、小さいなりに均整のとれた好馬体をしているし、目付きもしっかりしていて根性がありそうな点に惹かれた。仕上がり早を生かして早期から活躍して欲しい。
ショコラシュクレ
Krokus
(6戦1勝)未格付 引退
牝(2013/2/14生) キャロットクラブ 船橋:佐藤裕太厩舎
父:カジノドライヴ 母:スウィートマフィン 募集価格:800万円(1口8万)
近況:12/7の船橋自己条件では直線伸びず大敗。C3でも苦戦が予想され引退することに
以前より船橋在厩馬に一度出資してみたいと思っていたため、船橋の佐藤裕太厩舎に入ると発表されてから慌てて申し込んだ。こちらもカジノドライヴ産駒らしい体つきで、サイズは大きいものの幅が薄くて繋が立ち気味。でもこの体型は父の産駒に共通する特徴なので問題なさそう。ものすごく大人しい気性だそうで、その点がどう出るかがカギ。
ショットガンニング
Shotgunning
(1戦0勝)未勝利 引退
牡(2013/2/25生) シルクホースクラブ 美浦:木村哲也厩舎
父:サウスヴィグラス 母:ストーリーテリング 募集価格:1600万円(1口3.2万)
近況:5/1の東京戦でデビューし、直線で粘るところで故障発生。予後不良となってしまった
社台系のクラブではわりと珍しいサウスヴィグラス産駒。キャンセル募集で申し込んだところ当選したので出資した。軽く500キロを超える大型馬で、キャンセル募集当時から骨瘤が出ていて、なかなか調教が進まず時間がかかりそう。血統どおりダートの短距離専門。
アーリードライヴ
Early Drive
(7戦0勝)未勝利 引退
牝(2013/2/20生) シルクホースクラブ 栗東:岡田稲男厩舎
父:カジノドライヴ 母:アデンピアモ 募集価格:1000万円(1口2万)
近況:8/14の小倉戦では、スピードに付いて行けない感じで10着。引退となった

長いこと売れ残っていた馬で、2歳春の天栄ツアーでなかなかいい動きを見せていたことから追加出資した。他のカジノドライヴ産駒の出資馬と同様、大型ながら幅の薄い馬で、繋が立っている点も全く同じ。お父さんの特徴がよく出ているので、ダートでいい走りを見せてくれそう。比較的デビューは早いはず。

デラニュースター
Dera new Star
(19戦1勝)未格付 引退
牝(2013/2/5生) グリーンファーム 名古屋:角田輝也厩舎
父:カジノドライヴ 母:メジロシェダー 募集価格:500万円(1口10万)
近況:レースを重ねるごとに内容が悪くなって入着もできず、引退することになった
2歳牝馬にして500キロ超の、非常に見栄えのする馬。これだけ大きければ地方競馬の深い砂でもパワー負けしないはずだけど、名古屋の小回りコースで器用に立ち回れるか多少の不安は残る。カジノドライヴ産駒ということもあって脚捌きが硬いようで、今回の4頭の中では調教が遅れているけど、ノーザンファーム空港で育成されていて、多くの良血馬・素質馬に囲まれて力を付けていって欲しい。
ローカルロマン
Local Roman
(16戦3勝)B1 引退
牝(2013/3/13生) グリーンファーム 岩手:板垣吉則厩舎
父:スペシャルウイーク 母:ギブス 募集価格:450万円(1口9万)
近況:芝のレースを求めて岩手に移籍するも、全く良いところなく大敗続きで引退が決まった
スペシャルウィーク産駒で、素軽いスピードを武器に活躍してくれそうなタイプ。2月下旬に佐賀競馬場入りしたほどの仕上がり早。やや背が低くていかにも小回り向きの体型をしていて、馬体重も440キロとまぁまぁ標準的なサイズ。4頭の中ではこの馬が一番早くデビューできそう。
ジャンピングシープ
Jumping Sheep
(8戦1勝)C2 引退
牡(2013/5/14生) グリーンファーム 園田:田中範雄厩舎
父:バトルプラン 母:トップアサーティン 募集価格:400万円(1口8万)
近況:C2クラスでも全く良いところがなく入着できず、JRAからの転入馬も多く、引退が決まった
グリーン地方馬同期4頭の中で、唯一の男馬。筋肉質なパワータイプではなく、スラッと綺麗なシルエットをした馬体で、どちらかと言えば距離は長い方が良さそう。落ち着きのある性格だそうで、このまま順調に調教を進められそう。最近、園田競馬には素質のある新馬が続々と入ってレベルが高くなっているので、何とか早めに勝ち上がって園田の重賞路線に乗ってもらいたい。
サインズストーム
Signs Storm
(6戦0勝)未勝利 引退
牡(2013/4/28生) ターファイトクラブ 美浦:矢野英一厩舎
父:スタチューオブリバティ 母:メイショウユウゼン 募集価格:1000万円(1口5万)
近況:9/3の新潟戦では果敢に逃げるも直線大バテして8着。勝ち上がれず引退が確定した
クラブの出資金券5万円分が当選したので、それを使って新規入会・出資した馬。社台系のクラブではまず募集されないであろう、スタチューオブリバティ産駒という点に惹かれた。血統どおりにダート短距離を中心に頑張ってくれそうで、兄姉も堅実に走っている点もセールスポイント。530キロの大型馬でパワーがあり、わりと楽しめるのでは。
ハルカカナタ
Haruka Kanata
(39戦1勝)C2 引退
牝4歳(2013/3/17生) グリーンファーム 園田:田中道夫厩舎
父:スパイキュール 母:クイーンオブハルカ 350万円(1口7万)
近況:園田で39戦するも維持費を賄えずファンドは解散することに。売却され園田で現役続行中
徐々に成長はしているものの、4頭の中では一番小柄な馬。ちょっとテンションが高い馬だそうで、しかも小柄なのに園田まで輸送が必要な西脇の厩舎に入る点がネック。重心の低い、いかにも地方競馬向きの体型をしていて、気性面がいい方に向けばソコソコやれるのでは。園田はレベルが高いため、早めにJRA認定競走に挑戦して賞金を稼いでおきたい。

 2014年産
ドライビングジョイ
Driving Joy
(8戦1勝)未格付 引退
牡(2014/4/7生) サンデーサラブレッドクラブ 水沢:伊藤和厩舎
父:カジノドライヴ 母:シーユーサンデー 1200万円(1口30万)
近況:水沢に移籍するも、南関東転入に必要な賞金にあと1万円足りずファンドは解散に
ノーザンファームの馬なので、まずは門別でデビューさせ、その後は荒山厩舎に所属することが確定しているため、この馬を1次募集から申し込んだ。カジノドライヴ産駒でちょっと体の硬さはあるけれど、サイズ的には全く問題なく、いかにもダートが向いていそうなタイプ。なかなかいい根性をしているそうで、レースに行って楽しみ。
オーバーレイ
Overlay
(3戦0勝)未勝利 引退
牝3歳(2014/3/2生) キャロットクラブ 美浦:奥平雅士厩舎
父:ダイワメジャー 母:ヒシシルバーメイド 1400万円(1口3.5万)
近況:9/9のスーパー未勝利戦では、中団からゴチャついて脚を使えず10着。体質が弱く引退
この血統が募集されるのをずっと待っていた。キャロットに入会した年に出資したニードルポイント(父:フジキセキ 4勝)の妹。重賞を勝利するほどの活躍した兄姉こそいないものの、堅実に走っている馬ばかりで、全姉に1億円を超える賞金を稼いだアミカブルナンバー(5勝)がいる。兄のニードルポイントはかなりハッキリとした直飛だったけど、こちらは特に気にならないレベルなので、芝もこなせるのでは。
コーブルク
Coburg
(2戦0勝)未勝利 引退
牡3歳(2014/5/20生) キャロットクラブ 美浦:勢司和浩厩舎
父:ヴィクトワールピサ 母:カドリーユ 1800万円(1口4.5万)
近況:6/10の東京戦で7着後、脚部不安が出て全治1年の診断で引退することに
お母さんはかつての出資馬。そのお母さんは2戦して未勝利のまま引退した。ダラカニ・サドラーズウェルズ・レインボウクエスト・ダンシンブレーブと、選手権距離で無類の力を発揮しそうな血が重ねられている点が最大の魅力。血統が重すぎておそらく日本の芝ではスピード不足で、未勝利戦でも苦労するはずだけど、初勝利さえ挙げられれば、距離が長くて底力が問われるようなレースで面白い存在になりそう。
アスティル
Aster
(5戦0勝)未勝利 引退
牝3歳(2014/4/13生) キャロットクラブ 栗東:池添学厩舎
父:ステイゴールド 母:ヒストリックスター 7000万円(1口17.5万)
近況:7/16の函館戦では芝1200mを試したものの全く伸びず12着。成績不振で引退が決まった
ハープスターの妹なので当初から注目はしていたけど、カタログを見るとどうも目つきがキツいのが気になっていた。ツアーで実馬を見てもやはり目つきは悪かったものの、気性難は微塵も感じられず、ツアー参加者にもみくちゃにされながらも威風堂々と立っていたのに一発で惹かれた。おそらく左側だけ白目がちなのでそう見えるのかと。お姉さんほどの馬格はなくて小柄だけど、この雰囲気はなにか大仕事をやってのけそうな予感がする。
インハーフェイバー
In Her Favor
(6戦0勝)未勝利 引退
牝3歳(2014/3/3生) シルクホースクラブ 栗東:須貝尚介厩舎
父:ワークフォース 母:シーズインクルーデッド 1200万円(1口2.4万)
近況:8/20の小倉戦では、後方からこれといった伸びがなく7着止まり。引退が決まった
    
ヴァニラエッセンス
Vanilla Essence
(4戦0勝)未勝利 引退
牝(2014/3/10生) グリーンファーム 美浦:竹内正洋厩舎
父:ワークフォース 母:ヴァニラシャンティ 募集価格:800万円(1口4万)
近況:12/4の中京戦では、先行できたものの直線で完全に歩いて最下位。成績不振で引退
ここ数年、馬を選ぶ時に眼をよく見るようにしたら成績が上がってきたけど、今回の募集馬の中で一番キリッとした眼をしているのがこの馬だった。お母さんが1戦未勝利で引退したせいか800万円と手頃な価格だし、曾祖母がスキーパラダイスで近親にエアトゥーレやゴールデンチケットがいる血統で、意外と面白いはず。スラッと均整の取れた中サイズの馬体をしている点も魅力的。
ヴァベーネ
Va Bene
(5戦0勝)未勝利 引退
牝3歳(2014/2/6生) グリーンファーム 美浦:小笠倫弘厩舎
父:サウスヴィグラス 母:サヴァーレ 800万円(1口4万)
近況:9/9のスーパー未勝利戦では果敢に先行するも4コーナーでバテて12着。引退確定
こちらもいい眼をしている馬。以前からサウスヴィグラス産駒を持ってみたかったのと、値段も手頃なので申し込んだ。いかにもダートの短距離戦が向きそうな、重心が低くていい筋肉をまとっている点にも惹かれた。ブラックタイプを見るとこれといった活躍馬は出ていないものの、堅実に勝ち星を挙げる血統で、ソコソコは楽しめるのでは。
ルーチェミラコロ
Luce Miracolo
(7戦0勝)未勝利 引退
牡3歳(2013/2/23生) グリーンファーム 美浦:伊藤大士厩舎
父:キンシャサノキセキ 母:ファストアズライト 1500万円(1口7.5万)
近況:8/13の札幌戦では、芝のレースに使われるも出遅れて11着。引退することに
お母さんはグリーンファームで募集されて芝1200mで5勝を挙げた短距離血統で、そこにキンシャサノキセキをかけた生粋のスプリンター血統。牡馬にしては1500万円と手頃な値段だし、栗東の須貝厩舎に所属という点もセールスポイント。ただ、馬体を見ると胴が長めで、それほど短距離っぽい印象は受けない点がどう出るか。
オーサム
Awesome
(6戦0勝)未勝利 引退
牡3歳(2013/5/2生) グリーンファーム 栗東:中尾秀正厩舎
父:ゴールドアリュール 母:チャーミングオーラ 1000万円(1口5万)
近況:9/9のスーパー未勝利戦では、後方から全く伸びず11着に終わり、引退が決まった
プライムコード
Prime Code
(1戦0勝)未勝利 現役
牡3歳(2014/2/11生) ターファイトクラブ 栗東:昆貢厩舎
父:ステイゴールド 母:ラヴァーズレーン 3200万円(1口16万)
近況:権利放棄退会済み
当歳時から募集され、現1歳世代で唯一満口になっている馬。ステイゴールド産駒にしては落ち着きがあるらしく、キリッとした眼をしていることから、少なくとも扱いに困るような気の悪さはないはず。馬の形も非常に均整が取れていて、ターファイトの募集馬の中でもズバ抜けて良く見える。兄姉もJRAでなかなかの実績を挙げているし、栗東の昆貢厩舎に預託予定というのもポイント。
シルエットロマン
Silhouette Roman
(75戦1勝)未格付 現役
牝3歳(2014/4/11生) ターファイトクラブ 大井:井上弘之厩舎
父:シニスターミニスター 母:キープアンドゴー 400万円(1口4万)
近況:権利放棄退会済み
道営の北川厩舎に入厩予定の地方馬。近親にホクトビーナス・ホクトペンダントがいる北海牧場の牝系でいかにもスピードがありそうだし、父はダート専門のシニスターミニスターで、ダートの短距離で面白そうな印象。体高が160cm近くあるのもセールスポイントで、広いコースの門別・大井あたりを得意にしそう。
ベイビーガール
Baby Girl
(10戦1勝)未格付 現役
牝3歳(2014/5/22生) ターファイトクラブ 大井:市村誠厩舎
父:タイキシャトル 母:チアリーダー 600万円(1口3万)
近況:権利放棄退会済み
こちらも道営の安田厩舎に入厩予定の地方馬。姉に浦和桜花賞を勝ったコテキタイがいる血統で、ブラックタイプにはスマートボーイの名前も見える、グランド牧場の牝系。1歳にしてボリュームのある馬体を誇り、兄には南関東で19勝を挙げているスマートジョーカーもいるので、順調なら結構楽しめるのでは。道営で早めに認定競走を勝てるなら、JRAのレースに挑戦するのも面白いかも。